投稿

はじめての資金調達を成功させるピッチ資料の作り方

【PR】
















































【PR】
















ピッチ資料の作り方最新版はこちら(2023.10.4)

起業家としての失敗経験、現役VCとしての経験を活かして、起業志望・起業初期の方を対象にスタートアップ・起業に役立つ情報を発信中!

今回は初めての資金調達を行うシードステージのピッチ資料の作り方を紹介します。ピッチの目的・表現・ストーリーの3つの観点で、ピッチの記載内容や注意したい点を紹介します。

ピッチ内容の相談・壁打ちはTwitterDMまで!

ピッチ資料の作り方最新版はこちら(2023.10.4)

■チャンネル登録

■ご質問・ご要望

■プロフィール
松山馨太
Code Republic共同代表
Z Venture Capitalインベストメントマネージャー

ヤフー株式会社入社後、株式会社GYAOへ出向、ネットワーク推進室室長、広告開発部部長としてパートナーとの事業開発、広告プロダクトの開発に従事。
地域課題の解決を目的として起業、キュレーションメディアやC2Cサービスを開発、2018年10月よりYJキャピタル(現ZVC)に参画。
ZホールディングスのCVC「Z Venture Capital」と日本最大級のシードVC「East Ventures」が共同運営する4ヶ月間のアクセラレータープログラム『Code Republic』を運営、シード期の起業家支援に注力

#スタートアップ #起業 #アクセラレーター #VC #ベンチャーキャピタル #CodeRepublic #ピッチ #コードリパブリック #資金調達 #マッハ松山 #Z Venture Capital #ZVC #Zホールディングス