IT導入補助金支援事業者として認定されました

2018.10.02

平成29年度補正のIT導入補助金の支援事業者として

当社ウィル・スキル・アソシエイト株式会社が認定されました。

人が集まらない」「人に依存せず事業を構築したい」というお考えの中小企業様に対して

最適なITツールをご提案し課題解決を図っていきたいと考えております。

 

今後の日本は人材が担うべき仕事とそうでない仕事に分かれていくものと思われますので

ITで出来る所はどんどんIT化することで省力化・省人化を実現し

さらなる生産性向上と発展につなげて頂きたいと考えております。

IMG_6097

 

 

IT導入補助金とは?

【IT導入補助金】(IT補助金、平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業・小規模事業者等に対し、自社の課題やニーズに合ったITサービスやツール(ソフトウエア、クラウドサービス等)を導入する際の対象経費の1/2最大50万円が補助される補助金です。

業務効率化・売上アップ、につなげることも可能であり、生産性を高める事ができます。

2018912日より、3次公募が開始しました。

3次公募の最終回(第5回)締切は、1119です。

幅広い事業者でメリットの多い補助金

購入企業からしてみれば実質1/2の費用で購入でき販売企業からしてみれば、実質1/2の価格で販売できます。

『IT導入補助金』を活用で実現可能な事

・予約/顧客台帳サービスを導入し、新規顧客の獲得や予約率向上 (飲食業)

・生産管理/受注管理/在庫管理システムを導入し、業務効率改善や納期短縮化 (製造業)

・ホームページを導入し、集客アップやリピート率向上 (サービス業)

・自社のITツール(ソフトウェア、サービス等)の販売拡大 (ITサービス業

 

補助対象となる事業者

・中小企業 ・小規模事業者 等(IT導入支援事業者を除く)

・労働生産性が、3年後の伸び率が1%以上、4年後の伸び率が1.5%以上、5年後の伸び率が2%以上及びこれらと同等以上の生産性向上を目標とした事業。

・事務局が予め認定した「IT導入支援事業者」が登録するITツール(ソフトウェア、サービス等)等を導入する事業

補助対象となるITツール

中小企業・小規模事業者等における生産性の向上につながるITツール(ソフトウェア、サービス等)

具体例としては下記のようなものです

1.簡易税務・会計処理(クラウドやソフト)

2.POS

3.簡易決済、

4.在庫・仕入れ管理、

5.顧客情報管理・分析

6.HP作成

7.RPA等の導入

 

補助対象経費

ソフトウェア・クラウド利用費・専門家経費等

※ハードウェアは対象外となります。

補助率・補助金額

投資額の2分の1です。

15万円~最大50万円

 

申請方法

申請は、事務局に登録されたITツール(ソフトウエア、サービス等)を取り扱うIT支援事業者が代行申請。

3次公募締切

3次公募の最終回(第5回)締切は、1119

お問合せ

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 06-6253-8250 IT導入補助金担当者迄

または こちらのフォームよりお問合せ下さい。

 

Comments

comments