11月30日新刊「評価される人のすごい習慣」を出版いたします

2017.10.23

この度竹内の新刊が2017年11月30日出版されます。

紙の書籍として2冊目、電子書籍まで含めると3冊目となります。

 

書籍の背景

今日本では「人手不足倒産」「同一労働同一賃金」「生産性向上」「非正規雇用問題
など色んな「ヒト」に関する問題が上がっております。

一例をあげるだけで先ほどのものなのすが

これらは全て「人が少ないため生産性を高めていかないと生き残れない」という事が言えると思います。

 

個人としても会社としても難しい時代になってきたのです。

 

弊社では人材育成や人事評価の構築を通じて企業様の人材定着化をサポートしています。

2017年で7期目で2018年1月には8期となります。

 

そんな中評価される人と評価されない人の違う点は何か?というのを考えておりました。

すると…

何が違ったか?と言えばシンプルで

「やるべき事を正しい考え方でやり習慣に出来ているかどうか」

ここが評価される方が出来ている点だったのです。

これを企業様では人事評価制度を通じて正しい方向に導くことが必要です。

またそれはマニュアルや行動基準としてでもいいかも知れませんが共有しないといけないのです。

 

逆に

社員側では「何をどれくらいどうするのがベストなのか」という所をマスターする必要があります。

それらをやりやすくするのが同書であります。

 

MAPSという手法

私がコンサルティングを行う際に必ず企業様でヒアリングをするのがこのMAPSです。

MAPSが何か?というのは書にゆずりますが
これらのポイントを会社は従業員に覚えてもらうこと
従業員は人より早く出来ることで成果が出ます。

 

そういった会社もスタッフも両方良くなって欲しいという思いでこの書籍を書きました。

 

幅広い方にお読みいただけるかと思います。

これからの若手の方は効率よく自分をレベルアップする方法を

経営者や経営幹部の方には組織管理の基本としても

是非ご拝読お願い致します。

評価される人のすごい習慣

Comments

comments