「生産性」と「効率性」を高める業務改善効率化研修

生産性向上とは「1人当たりの設備投資額や人件費、利益額を増やす事」を指します。

一方で、業務効率化とは「誰でも出来るようすることと、出来る人のノウハウが共有されていること」を指します。

この2つを成し遂げていくには、2つのステップがあります。

それは「業務標準化」「高業績者のスキルの体系化」です。

このステップを乗り越え、今出来る事を最大限力を発揮することで、

働き方改革を実現していくことが可能になります。

それらを行っていくための研修が、この研修です。

 

「生産性」と「効率性」を高める業務改善効率化研修について

はじめに  働き方改革の本質

1.「生産性と効率性」を理解する

2.効率性向上のために必要なこと

・タイムマネジメント

・標準化とは?PDCAではなくSDCA

・マニュアルのメリットとデメリット

・良いマニュアルとは?4つのポイントを押さえる

ワーク:実際に作成する。業務洗い出し他

 

3.生産性向上のために必要なこと

・MAPSとは

・「MAPSフレームワーク」を回す

・コンピテンシーモデル

ワーク:取材する

 

4.終わりに

ディスカッション等

質疑応答

 

 

時間 1回2時間程度~

回数 1回~複数回を想定

講師 竹内慎也(ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 代表取締役)

竹内プロフィール(書籍セミナー用)小

お問合せ 研修に関するお問合せはこちらから

 

▼合わせて読む

・「生産性」と「効率性」は何が違うのか?

・生産性向上のためのフレームワーク特集

・厚生労働省が定義している「生産性要件」とは?

Comments

comments