書評

書評:代表竹内

さらに「幸せになる勇気」も読んでみて感じた事

2013年に 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え がベストセラーとなり、そこから続編の「幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」が出版されている。どういう差が本にあるのか?が気になってしま […]

書評:代表竹内

久々に「嫌われる勇気」を読んで思った事

2013年にベストセラーとなり、そこから続編の「幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」もベストセラーとなり、2010年代の自己啓発や心理学分野では最も知れ渡ったのではないか?というのが同書ですね。 これ […]

経営者

「頭に来てもアホとは戦うな」を読んで

アンガーマネジメント、ストレスマネジメントなど、いろんなセルフマネジメントに関する書籍は多い。それだけストレス社会であることを示しています。 また、世の中短時間での成果を求め、「生産性」「生産性」と常に問われる社会になっ […]

書評:代表竹内

【書評】売れないものを売る方法?

営業現場で売れない人の多くは 売れない理由を「商品のせい」にするケースが多い。 ではなく本質的には売り方が悪いケースが多いのです。 そうなる理由は「売れる方法」を考えるためには 多面的な思考が必要ですが 思考する軸と習慣 […]

経営者

【書評】お金をかけずにモノを売る広報視点

ドラッカーはマーケティングを「営業を不要とする」と定義した。 ブランディングを「マーケティングを不要とするもの」という方もいる。 この広報視点というのは両方に通じるものであると思いますが 中々持ててない視点なのかも知れま […]