書評

書評:代表竹内

ティール組織とは?全2回の動画で解説しています

あの組織論として2019年に話題になった「ティール組織」。書籍にすると数百ページにも及ぶボリュームです。今回竹内が全2回の動画解説に挑戦しています。書籍をなかなか読みたくないと言う方には、非常にわかりやすく説明しています […]

書評:代表竹内

名著「人を動かす」の双璧「道は開ける」を久々に読んだ感想

世界で1500万部以上売れたと言われる、デール・カーネギーの「人を動かす 」と双璧をなすと言われている、これも名著である、「道は開ける」。 同書は、前作と比較すると、とにかく「悩み」に関しての対処法・考え方・向き合い方を […]

書評:代表竹内

さらに「幸せになる勇気」も読んでみて感じた事

2013年に 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え がベストセラーとなり、そこから続編の「幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」が出版されている。どういう差が本にあるのか?が気になってしま […]

書評:代表竹内

久々に「嫌われる勇気」を読んで思った事

2013年にベストセラーとなり、そこから続編の「幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII」もベストセラーとなり、2010年代の自己啓発や心理学分野では最も知れ渡ったのではないか?というのが同書ですね。 これ […]

経営者

「頭に来てもアホとは戦うな」を読んで

アンガーマネジメント、ストレスマネジメントなど、いろんなセルフマネジメントに関する書籍は多い。それだけストレス社会であることを示しています。 また、世の中短時間での成果を求め、「生産性」「生産性」と常に問われる社会になっ […]