書評:私が気になったビジネス本をご紹介

社員100人までの会社の「社長の仕事」とは

WSAブログ

社員100人までの会社の「社長の仕事」とは

社長

中小企業の社長・経営者の方々にとって、今後、どのような部分に力を入れていくべきなのか、経営に役立つコンテンツとなっております。

企業には様々なステージがあります。それは、1億の壁、3億の壁、10億の壁、100億の壁、といった、年商の壁。

さらには、5人、30人、100人などの人数の壁です。

これを乗り越えていきたいのはもちろんだけどなかなかできない、ということは多くの中小企業にとっての足かせとなっていないか?と思います。これを大きく改善できるだけでもかなりのパフォーマンスアップとなるでしょう。

 

今回、ご紹介させて頂く書籍

51rO33h1h7L._SX343_BO1,204,203,200_ (1)

社員100人までの会社の「社長の仕事」

古田土 満 (著)

https://goo.gl/ZDbLMN

 

本の内容とは

s-books_02

同書は、中小企業の中で、経営者として、どういう部分に仕事として力を入れていけばいいか?が非常によくわかる1冊です。

100人まで、と書いてますが、おそらく150名、200名でも大差はないでしょうし、20名位でも大差はない、と思います。

実りある一冊です。

 

 

社員100人までの会社の「社長の仕事」とは

Businessman leaning against a wall

■社長は社員第一主義、社員はお客様第一主義

■利益=社員と家族を守るためのコスト

■会社存続に絶対必要なものは粗利でも営業利益でもなく税引き後当期利益

■売上を増やし経費を削減するのは社員、手形を振りだすのは社長

■小さな会社で社員が長く安心して働くには経営計画書が不可欠

■なんのために経営をするのか、社長の思いを社員や外部の人と共有

■稼ぐことと会社にお金を残すことの違い

■損益分岐点比率は業種・業界を問わず使える数字

■粗利益額に占める固定費の割合を

■未来費用とは将来的な成長のための投資

■高収益型の店舗、商品をまず作るも

■新商品開発や事業の多角化、周辺ビジネスへの進出などは徹底的に儲けられる事業構造が確立したあとに取り組むべき

■御社の安定成長のためにいくら利益を獲得する必要があるのか?

■社長が戦略を考え、社員が戦術を練って、全社一丸で実行する

■社員の未来を中心に夢の持てる構想を語ります

■3~5年先ぐらいは過去の延長線上にある

■社長が毎月一回チェックすべき5つの数字

当期利益

売上債権の増減

棚卸資産の増減

買掛債務の増減

借入金の増減

■理想の損益分岐点比率は80%。目標は90%

 

51rO33h1h7L._SX343_BO1,204,203,200_ (1)

社員100人までの会社の「社長の仕事」

Thank you

▼あわせて読む

あのユニクロの社長のノートの中身とは・・?社長

書評:「任せきりでも10億円! 週休5日社長の 任せる力」

書評:社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>