経営者

経営者が重大な意思決定をする際に何を信じればよいのか

WSAブログ

営業組織コンサルタントの武内慎也です。

本日、ご紹介させて頂きます内容は、

経営者であれば誰でも一度は抱えるであろうこのお悩みについてです。

経営者が重大な意思決定をする際に何を信じればよいのか

Lifehacker_201410_141006customer_6

多くの人は、意思決定、つまり、決断することに極めてプレッシャーや、その他多くの壁を感じておられます。

けれども、まず簡潔に一つ答えを述べさせて頂きますと、皆さんが信じるべきもの、それは

最初から最後まで自分自身です。

自分は何とかなる、間違ってもやり直せるという自信の強さ、これは意思決定のスピードや精度を高める材料になると思います。

では、3点ほどに絞りご紹介します。

1その物事の成功確率はどれ位なのかを把握

4639772572_c536c5b1dc_o
きちんとした数字は、もしかしたら把握できないかも知れません。

が、何となくでも良いので、「五分五分」とか、「この案件は、7割くらいは行けそうな気がする」など、感覚的にどうなのか?

これをまずは想像しておく事です。

把握できないのではなく、感じてみる事が必要です。

なぜかというと、たとえば、投資であれば、投資の基準値を決めておいて、それを上回るなら、投資するし、下回るなら、投資しないという判断はつきやすいですが、我々が意思決定するものは、そういったものではない、非定型かつ形がないものが多いからです。

そういったものは、やはり「嗅覚」というか「感覚」というか、そういったものが非常に重要であり、見えない中、情報が少ない中でも決断、判断していかなければならない、というわけです。

見えるのであれば、NPV法とか、IRR法など投資の意思決定に活用出来るようなファイナンス理論等もありますので、そういったものを活用することで数字を把握する事が大事です。

2、判断のポイントを絞りこむ

仕事でのゴール
判断すべきポイントは、結局のところ、メリットとデメリットに分かれます。

結局そこが重要なわけです。

この、メリットとデメリットだけを書き出してみます。

そして、先ほどの感覚と、このメリット、デメリットとを照らし合わせてみると、合理的判断がしやすくなると思いますね。

 メリットは何で、デメリットは何か?それぞれはいくつあって、どれが大事か?
このような事を考える習慣を持ってみることが非常に大事ですね。

3、究極、命までは取られない、と考える

起業家精神
どんな意思決定をしようが、究極あなたの生命までは、この平和な世の中、脅かされることは極めて少ないと思います。

あなたも意思決定する場合、どうしてもできないなら、こう考えて意思決定するしかない時もあります。

もしあなたが経営者なら、やるしかない

それはなぜかというと、会社という1つの船を運転し、所有しているのは、経営者であって、経営者しか判断出来ないことは多いわけです。

それは、確かに重圧ですし、過酷なものですし、感情面まで見ると大変辛い事なのですが、命までは取られない、という事です。

そんなプレッシャーは嫌だ、という方ももしかしたらいらっしゃるかも知れませんが、結局そう考える事になることが多いです。そして、そのプレッシャーに負ける=廃業してしまう、という事も多く、やはりそれはそれで損失だなと思いますね。

さらには、そういう事なら、仮に失敗してもどうとでもなるし、取り戻せると考えて欲しいのです。

こういう形で決断できるかどうかが、問われています。

終わりに

決断とは、決めて断つと書きますから、決断には、プレッシャーを感じ、選択肢を減らすという事が伴いますが、決断して成功体験が増えていけば、なんて簡単な事で悩んでたのかと、あとで笑えるようにもなります。
 なので、そういった局面を楽しむというメンタリティも必要でしょうね。
もう1度書きます。
決断とは「決めて断つこと」です。

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>