組織活性化

PDCAより強力なMAPS実践講座動画版をアップしました

MAPS

PDCAより強力なMAPS実践講座

拙著「評価される人のすごい習慣」をご好評いただきありがとうございます。

 

書籍の中でご紹介をしている「MAPS」についての活用の仕方セミナーの動画を本日よりアップ致しました。

試聴もしていただけますので是非お試し下さいませ。

書籍での「読む」とワークシートを活用しての「書く」も大事ですが

さらに「見る」「聴く」事により理解を深める事が可能です。

MAPS

 

 

PDCAよりも強力なMAPSとは

MAPSはMission, Action, Passion, Seeの4つの頭文字をとったものです。
結果を出し、改善を進めていくための有名なフレームワークとしてPDCAがありますが、MAPSはPDCAをより使いやすく強力にしたものです。

PDCAとの最大の違いはすでに成功した先例をベースに計画やアクションを作る点にあります。

ムダな試行錯誤を排除し、うまくいくことがすでに分かっている方法を採用することで、素早く効果的に成果を出すことができます。

優秀な先輩社員を手本として自分のスキルアップを目指す、他社でうまくいった事例をベースにより良い方法を作成するなど、身近にある成功例を活用できる状況で、劇的な効果を発揮できるフレームワークです。

あなたもこのオンライン講座でMAPSについて学び、会社に評価されるスキルを身につけましょう

 

個人以上に法人様導入でより成果が高まる

また本動画は個人様向けに解説を行っていますが

実際個人よりも組織単位・会社単位で取り組んだ方がさらに効果を高めます。

 

例えば小さい会社は創業期は社長も社員も距離が近く一緒に商品創りや営業・販売活動を行い

やり方や考え方は伝承されやすいのです。

がしかし組織が大きくなると関わる人も増え

組織文化と組織が積み上げてきたノウハウや技術等の「無形資産」が承継されづらくなります。

そういった時に効果的なのが「コンピテンシーモデル」です。

 

コンピテンシーとは?

一言で「成功する人が当たり前に行っている行動特性」です。

それを明確にし習得できるように「教育する」ことと

そして進捗度合いや達成度について「評価する」こと

人材の採用においても自社にあった人材かどうか見極めるため「面接」を行うなど

人事領域での応用に優れています。

 

当社ではコンピテンシーモデル(成功する行動特性)を活用した研修や評価制度作成を行っています。

組織の課題についての無料相談も対応しておりますのでご利用下さい。

 

 

 

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>