書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「ONE 「1つになる」ということ」を読んでみて

ONE 「1つになる」ということ

 「ONE 「1つになる」ということ」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

51NkepwFIML._SX338_BO1,204,203,200_

ONE 「1つになる」ということ

加藤 秀視 (著)

http://goo.gl/GHLWcR

同書の感想と評価

img_caeb0d61025427eb292e4ee4e278e6cd71547

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

元暴走族のリーダーで裏社会にもいて、現在は会社経営のほか、慈善事業などを手掛ける加藤氏の著書。以前TVなどでも見たことがありますが、非常に人間味ある方で、自分にはマネできないだろうと思いました。

書籍では、「伝え方」よりも「つながり方」が大事であり、小手先の言葉や言い回し、言い方よりも大事な事があると説いている。

基本的に、世の中には矛盾も沢山ある。

しかし、それに一喜一憂するという事ではなく、全て自分にとっていい方につながる、という視点を持つ、というのが趣旨です。

しかしその事よりも、私が最も共感したのは、この2つです。

これは、本当に大事だと思います。

  • 「こっちの方が楽なんですよねと言ってしまっている。私はそのとき人はあきらめたらこうなってしまうのか、と思った。あきらめた瞬間にあらゆる感覚が麻痺していくんだろう。」
  • 「雑談するときに大事なのはなんでそう思ったの?とかなんでそうしたの?となぜ?で背景を掘っていくこと」

通常の話し方セミナーでは得られないような人生の含蓄があります。

竹内的同書のポイント

ポイント

■こっちの方が楽なんですよねと言ってしまっている。

私はそのとき人はあきらめたらこうなってしまうのか、と思った。

あきらめた瞬間にあらゆる感覚が麻痺していくんだろう。

■もうダメだと思ったらチャンス

多くの人はもう限界ですというが本当はまだできる。

■人間関係を変えようと思ったら接する態度や言葉を変える以前にまず自分の内側で何が起きているのかを見直す必要がある。

■素晴らしい仲間やパートナーを持っている人は必ず人間関係で苦しんだことがある人だし、金銭的に成功を収めている人は大抵がお金のことで苦労した経験を持っている

■変わるときに最も大事なことは手放すことだ。不必要なものを捨てれば現実が流れに沿って動き出す

■人間関係というのはもらうためにあるんじゃない。与えるためにある。

■自己変容の3段階

  • アクション どう行動をコントロールするか?
  • マインド どう心をコントロールするか?
  • セルフラブ 自分自身がどうあるか?

■意識が高まると全潜在力が活用される

■小さな恐れが大きな恐れを呼んでくる

■意識を変えることと考え方を変えることの違い

一言で言えば考え方は結果として変わるものであり、変えるものではない。

意識が高くなればなるほど人は自ずと愛情深くなり、情熱的になっていく

■人は愛がなければ生きていけない

■心の奥底にある本当は・・・の部分に正直になるということ

■自分を愛することで意識は高まっていく

■自分を愛する8つのポイント

  • 自分の魂が喜ぶことをする
  • リラックスできる自分だけの時間を持つ
  • 自分を攻めない
  • 自分の想念に気づく
  • 苦しみをいったん全て吐き出す
  • 人のために役立つ
  • 純粋な人やものに触れる
  • ノイズや不必要なものを徹底的に排除する

■人間関係の究極はつながること

■雑談するときに大事なのは

なんでそう思ったの?とかなんでそうしたの?

となぜ?で背景を掘っていくこと

51NkepwFIML._SX338_BO1,204,203,200_

 

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>