営業職

あなたは伸びていく人材の7つの共通点に気づいていますか?

伸びていく人材の共通点

 あなたは伸びていく人材の7つの共通点に気づいていますか?

伸びる人材

おはようございます。営業コンサルタントの竹内慎也です。

まず、いきなりですが質問です。

あなたは「伸びていく人材に共通する7つの要素」に気づいていますか?

漠然と「努力する人」などと答えることはできると思いますが、しっかり答えるとなると難しいですよね。

今回、私がいままでの研修活動・コンサルティング業・自社の社員採用・インターンシップの受け入れ・部下指導・膨大な読書量などから導きだした「伸びていく人材の共通点」を紹介したいと思います。

 

では、さっそくポイントとなる一つ目

 

 ポイント1:「素直に学ぶ」

素直に学ぶ素直な人は、やはり伸びるのが早い。

なぜか?行動が早いからです。

しかし、素直じゃない人は、「やらないための言い訳」「行動できない言い訳」をします。それが成長を阻害しているのです。

 

ポイント2:「圧倒する量」

圧倒

伸びる人は、人生どこかで、圧倒的な量の仕事をしたり、圧倒的な長さの時間をしたり、と他を圧倒する体験をしています。

そして、それが継続して、ある意味で「マヒ」している状態になっていたりします。

しかしながら、量をこなせない人は欠点があります。

量がなければ、質をこなせても、両方出来る人には勝てないのです。

 

ポイント3:「非」常識人

非常識

これはどういう事かといえば、マナーの悪い人、とか、そういう意味ではなく、前提を疑ってみたり、人とは違う発想、人とは違う理念を持つ、など考え方が飛びぬけている場合が多いです

もちろん行動がついてくることが大前提ですが、これは絶対に必要不可欠な要因ですね。

 

ポイント4:「常に不足を感じている」

ハングリー精神

 

伸びる人は、どこまでやっても、不安をぬぐいきれないのか、不足を感じます。

逆に、伸びない人は、不足も感じていないので、あせりもなく、現状に甘んじます。

しかしながら、ウォルトディズニーも言ってますが

現状維持は退歩

なのです。

 

ポイント5:師匠を持っている

師匠

伸びる人には、師匠がいます。

メンターと言われますが、要は教えてくれる人生の師がいるのです。

ここが重要で、誰に相談しているか、で、実は結果が大きく変わります。

ネガティブな人に相談したらあなたはネガティブに、仕事ができない人に相談したら、あなたも出来ない人に、結果が出てない人に相談したら、あなたも結果が出ないのは、自明の理ですね。

 

ポイント6:「経営者」思考である

経営者思考

仕事で伸びる人は、どの職種でも自分を「経営者」だと考えて、動いてますね。

営業でも何でもそうですが、どう自社を売り出すべきか?今の売上でキャッシュフローは回るのか?

達成しなかったらどうなるのか?給与に満足できる売上はどれくらい最低必要か?

これを日常的に考えています。

 

ポイント7:「起業家魂」を持っている

起業家精神

実際に起業する、しないは関係なく、起業家魂を持っている事がいえます。

要は、新しいマーケットを開拓したり、新しい商品のヒントを持って帰り議論したり、新しい顧客管理の仕組みを考案したり、などなどです。

新しい事をやり、そして「既存の発想を捨てる」ことが出来る人は伸びます。

 

まとめ

R72VUqJ8mPY7GkVWOshQAePKR6D4SNUJ

7つのポイントは、考え方の軸としてご紹介しましたが、あなたにはあてはまりましたか?

再度、何があり、何が欠けていたか、考えてみて下さいね。

 

  • ポイント1:「素直に学ぶ」
  • ポイント2:「圧倒する量」
  • ポイント3:「非」常識人
  • ポイント4:「常に不足を感じている」
  • ポイント5:師匠を持っている
  • ポイント6:「経営者」思考である
  • ポイント7:「起業家魂」を持っている

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

 ▼合わせて読む

・これからはなんの営業が伸びるか?・

・生き延びるのが難しい今、どうすればよいのか・

・一流の営業が持つ物事の捉え方・考え方-7つの成功マインド・

Thank you card

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>