組織活性化

CSRを徹底してWINWINな関係にしていこう

みなさんこんにちは!!

ウィル・スキル・アソシエイトの武内です。

私たちは、これまでの価値観や暮らし方を根本から考え直し、持続可能な社会を実現するための方向転換を迫られています。社会的に大きな影響力を持つ企業には、より良い社会を創るための可能性と力があると、社会から期待されているものです。

そこで今回は、CSR(Corporate Social Responsibilit)についてご紹介していきたいと思います。

CSR(Corporate Social Responsibilit)とは?

CSRはCorporate Social Responsibility)の略語で、一般には「企業の社会的責任」と訳されます。「責任」と訳すと、企業が社会的な要請に応えるためにやらねばならないこと、義務と捉えられがちです。

しかし、最近ではこうした受け身の対応ではなく、社会的課題があった場合には、それぞれの企業がその強みを活かしてその解決に当たる。これをビジネスにつなげる「自社の持続的発展を促すチャンス」として捉える企業・経営者が増えてきました。自社と社会の利益を両立させwin-winの関係にすること、そのような発想と行動がCSRを推進する企業としての基本姿勢です。

その企業らしい、その企業ならではのCSR(攻めのCSR)

企業のCSR活動は、欧米においても日本においても、不祥事、製品・サービスの欠陥やクレーム、環境汚染、不当な労働などのネガティブな行為に対する批判・非難への対応、という性格が強かったのですが、こうした受身のCSRはリスク回避あるいは批判収拾のためのコストにしかなりません。

CSR先進企業では、その壁を乗り越え、CSRの理念をしっかり打ち立てて、社会的課題や要請に対し自社の持つ能力・強みを積極的に発揮して解決にあたり、その企業らしいビジネスとして展開する「攻めのCSR」(「本業における戦略的CSR」)に力を注ぐケースが増加しています。

こうした「自社らしい」「自社ならでは」のCSRという考え方は、ビジネスの領域に留まらず、社会貢献活動においても同様に広がってきています。社会貢献に関する基本方針を持ち、その方針に沿って自社の能力・得意分野を活かした社会貢献活動を実践する企業も増えています。

経営の基盤となるCSR(守りのCSR)

社会的課題を自社の持つ能力・強みで解決にあたり、その企業らしいビジネスとして展開するのが「攻めのCSR」であるのに対し、法令遵守など企業が存続するうえで果たさなければならないルールが「守りのCSR」です。

守りのCSRを遂行するためには、強固なコーポレートガバナンスが必要ですし、コンプライアンス、リスク管理で会社を守ることも大切です。守りのCSRは、企業にとってコストと捉えられがちな面もありますが、ひとたび不祥事が起これば、企業価値が大きく損なわれるため、「守りのCSR」も企業が存続するうえで重要な要件なのです。

いかがでしたでしょうか?

参考にしていただけたら幸いです。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください