書評:私が気になったビジネス本をご紹介

書評:社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方

中小企業の決算書

社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方

社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方

5段階評価  ★★★★☆ 4

私はコンサルティング業をしていますが、PLはわかっていても、BSを理解されていない社長は非常に多いなと思います。

ましてや、キャッシュフローになると全然、という方もおられますが、中小企業において、決算書はどう読めばいいのか?融資先の銀行はどういったポイントを見てくるのか?といった点がわかる1冊です。

実際、BSが読めた方が確実に経営は理解できますし、私も色々銀行の方などに話を伺ったりしたことも多かったですが、概ねその通りだと思いました。

若干簿記知識がないと理解しづらい点もあったかも知れませんが、読みやすい財務の書だと思います。

財務は苦手だと思っていても意外とわかるという感覚がつかめるかもしれません。

竹内的本書のポイント

この本のポイント

■資金繰りに悩む社長

どの社長も貸借対照表をまともに読んでいない

ポイントはお金の動きを読むこと

効率的に決算書を読めるようになるには日商簿記3級の知識をベースにPLBSから何が起きたのかをダイレクトに読み取る

流動比率は中小企業の安全性を見るのにまったくといってよいほど使えない比率

■銀行が重視する5つのポイント

本業の利益

債務超過の有無

資金繰り

返済力

成長性

■銀行が注目するのは役員報酬などの生々しい情報

■接待交際費の多い会社を評価することはありません

■役員報酬の金額だけではなく、社長への貸付金や借入金の返済も収入としてチェックされる

■役員報酬+地代家賃が社長の収入とみなされます

■雑費はできるだけ減らすようにしましょう

■特別利益でPLを黒字にしても大きな評価アップにはつながらない

■最初に見られるのは純資産の合計

■貸付金は銀行や信用保証協会が最も警戒する科目

■買掛金も平均月商で割った回転月数でチェックされる

■借入金は常に現預金と比べられる

■返済する必要のない借入金は負債ではなく自己資本とみなす

 

▼合わせて読む

書評:決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

・書評:決算書はここだけ読め!キャッシュ・フロー計算書編・

・書評:財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方・

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>