書評:私が気になったビジネス本をご紹介

99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

優秀リーダーとそうでない人はいったい何が違うのでしょうか?

それは案外単純な習慣であったりするかも知れません。

でも、その行動や思考が習慣にできるまで時間がかかることによって

より一層、リーダーとしての成長を難しくしてしまっているのです。

 

WSAブログ

 

についてです。

コツというと何か特別な印象を与えてしまいますが、リーダー体質の方が無意識に出来ていることを見える化したものです。

なので、リーダー体質な方もそうでない方も気付きが多いコンテンツとなっていると思います。

 

この記事は『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』を参考にして書かせて頂きました。

では、では、前置きはこのくらいにして、さっそくお楽しみ下さい。

どうぞ。

 


 本日、ご紹介させて頂く本

ダウンロード
99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ
河野 英太郎 (著)

 


本の内容を私なりに解説

81516_photo1 (1)

 

会社のリーダーとなりうる、経営者、役員、管理職向けに書かれている上司としての基本の書。

シンプルで簡易な表現で書かれているので読みやすく、また、実際にそうだろうと思う内容も多い。

ただ、数が多いため実践に移すのは極めて難しいがはじめに書いてある、考え方に共感しました。

特になったのは、この3つです。これが、実は原則のポイントだと私自身は考えます。

 

リーダーには人としての成熟度や仕事の専門領域で勝負することは必ずしも求められていない

■リーダーはあくまでも役割です

■リーダーは性善説にもとづき人をやる気にさせる仕事、マネジャーは性悪説にもとづき人を管理する仕事

 

その他細かいノウハウが多数書かれています。

 


リーダーの”コツ”はこれだ

160221cybozu_business_top-thumb-640x360-94232

 

■メンバー選びのコツ
4番バッターばかり集めない
自分がトップのチームにしない
性格の違いを大事にする
多様性を認識する
相談できる人を一人は入れる
イエスマンに注意する
適宜シャッフルする

■仕事の依頼のコツ
積極的にお願いしていい
ビジョンを添える
メリットを添える
感情を添える
箸の上げ下ろしまで口出ししない
決まったら実行してもらう

■メンバー評価のコツ
評価を伝える
手柄は必ずメンバーに渡す
その場で具体的に心からほめる
間接的にほめる
不公平は評価ですくう

■トラブル対処のコツ
メンバーのSOSは最優先で対応
感情的にならない
感謝を伝える
悪い話は対面で聞く
矢面に立つ
チームを守る
メンバーの顔をつぶさない

■チームを前進させるコツ
とにかく決める
一貫性を保つ
朝令暮改を恐れない
キーワードを浸透させる
一対一で話す
間接的に人を動かす
私たちと言う
現場をみる
できるだけ手順化する

■モチベーションを高めるコツ
関心をもつ
悪口を言わない
話すより聞く
任せる
大人扱いする
相談する
情報を積極的に渡す

■人を育てるコツ
文句と意見を区別する
昔話をしない
自分の価値観で考えない
1日1%でも成長させる
自分も学び続ける
リーダーの靴をはかせる

■自分を整えるコツ
上機嫌でいる
ため息をつかない
いつでも暇をよそおう
気負いすぎない
完璧であろうとしない
知ったかぶりをしない
孤独を受け入れる
他人を頼る
影響力を自覚する
誹謗中傷は相手にしない

 


 もっと知りたい方は是非

ダウンロード
99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ
河野 英太郎 (著)

 


 

Thank you card

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>