営業職

『最高のチームワーク』を創り出すために心掛けなければいけないこと

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

今日取り上げる、チームワークというのは、「和」を大事にしてきた日本企業のいわば、強みと言っていいかも知れません。

がしかし、最近、個人主義、成果主義などがあいまって、こういった連携部分の弱点をことさら指摘されたりすることも多いように思います。

がしかし、会社や店は、ほとんどの場合は、個人プレーではなく、チームでなりたっています。

 しかも残念なことに、チーム連携が悪いがために、業績が上がらないケースは非常に多いです。

そこで今日は、

『最高のチームワーク』を創り出すために心掛けなければいけないこと

をテーマにしたいと思います。

 

140622collaboration-thumb-640x363-76472

 

『最高のチームワーク』を創り出すために心掛けなければいけないこと

 

についてお話します。

 様々な個人の集合体であることを忘れない。

職場では、チームワークをいかに作るかが大事です。

そこには、個人の価値観が様々あります。

ここが実は、チームプレーの原則でもあり、失敗をもたらす要因になります。

1424653448db0b12df20e78b8e96e9002437f56e6a

成功するチームは、

お互いの価値観を尊重しています。

失敗するチームは、

1人のワンマン価値感が優先されています。

まずはこれを前提であるとらえましょう。

 

押しつけ?自主性?

そのような形の中でチーム運営をしていくのは、かなり難易度が高いかも知れませんし、

価値観のすり合わせだけで大変だと思う方も多いでしょう。

 

しかし、そこで心がけて欲しいのは

過剰に指図したり,先導したりしないようにする。

という事です。

(といっても、正しい意味でのリーダーシップはもちろん必要なので、不必要なものはという意味です)

 

 

例えば、

  • そういう暗い話は聞きたくないわ
  • BリーダーのことではなくC課長がどう言っていたかについて聞きたいんですよ
  • そういう経緯についてはいいから,早く結論を聞かせてほしい
  • 「そんな事よりこっちが大事なんだけど!!」

 

相手が何について話すかを、コントロールすると、会話が進まなくなります。

そして、こうすることにより空気が重くなりますよね??

なので、まずは、コントロールしようとしないことが先決ではあります。

 

まずは価値観を受け入れるために聞くこと

このような場合は、まずは一旦全員の意見を出させておいた方がいい場合がほとんどです。

言ってしまえば、ガス抜きですかね?

ではそれはどうやればいいのでしょうか?

つまり、こういうことを心掛けて下さい。

 

 

R72VUqJ8mPY7GkVWOshQAePKR6D4SNUJ

 

聴く姿勢を保ち続ける

 

これに尽きます。

 

聞いて意見の集約をし、価値観を把握していかなければいけません。

それにより、お互いに今まで以上に一歩二歩歩み寄る事が出来ますから、より

近い形での理解が進みつつ、チームとしての相互理解が図れるのです。

 

 そこから、どこをこのチームは目指すのかを決めればいいのです。

 

本日は、ここまで✩

Thank you card

また、次回をお楽しみに!!

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>