経営者

~独立系コンサルタントの成功戦略~を読んで

こんにちは。

今回は、和仁達也さんの「年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略
」の書評を、お届けいたします。


年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略

本書は、これから独立する人はもちろん、独立して3年未満のコンサルタントが
日々の葛藤や悩み、不安に打ち勝ち、顧客から選ばれて代替不可能な存在になるために
知っておきたいノウハウを、1冊にまとめたものです。

私は別に、独立系コンサルタントではありませんし、特に独立を目指している訳でも無いので、では、この本が関係ないかと言うと、全く、そんなことはありません。

むしろ、一会社員コンサルタントとして、学ぶべき、メソッド、セオリーのオンパレードでした。

今回の書評では、特に印象に残った3点を、ご紹介いたします。

「自分を『ガラパゴス化』させないためにインプットを続ける」

僕は、勉強をしなくなったとたん、成長のスイッチが切れると感じてます。

確かにコンサルティングの現場で学べる事、吸収できることは山ほどあります。毎日、全国を飛び回って大勢のクライアントと接していると、それだけで多くの情報に触れているような気もします。

実は、これが怖い落とし穴なのです。成長が止まっしまっていることに、自分で気づいていないからです。(「独立系コンサルタントの成功戦略」より抜粋)

安心するところから、ほころびが始まるのでしょうね。

必死に勉強する姿勢が、止まると、そこから、退歩しだす。

やはり、「現状維持は、後退の始まり。」ということなんでしょうね。

「アウトプットが先、インプットが後」

これは「先にアウトプットする場を用意してからインプットをしよう」という意味です。インプット過多になっていたとしても、アウトプット先がたくさんあれば、あっという間にその情報は減っていきます。

常に新鮮な情報を仕入れるためにも、アウトプットで容量を減らしていくのは大事なのです。そうして、循環を高速回転させることで、変容進化が加速します。(「独立系コンサルタントの成功戦略」より抜粋)

これは、正に、目から、鱗でした。

弊社でも、「読書アウトプット会」として、読んだ書籍を、皆の前でプレゼンする機会がありますが、この「アウトプットする機会が設定されていて、そこに向けて、インプットする」というのが、すごく効果的なスタイルなんだ、ということが分かりました。

忙しい時は『今すぐ15分!』

これは「土日に時間を取ってやろう」と先延ばしするのではなく、15分間だけでいいから、今すぐ何かアクションを起こす方法です。忙しい人ほど、15分の細切れ時間を有効に使わないと、永遠に勉強時間を取れないと思います。

それに15分は集中できるちょうどいい時間でもあります。(「独立系コンサルタントの成功戦略」より抜粋)

ついつい、「勉強するぞ!」と思って、朝1時間早く起きだし、あまりの、しんどさに3日で、やめる、なんてことが往々にして、ありますが、まさに、それを避けるための考え方ですね。私も、これなら続きそう、と思わされました。

以上、今回は、和仁達也さんの「年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略」の書評を、お届けいたしました。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください