書評:私が気になったビジネス本をご紹介

野良犬の成功法則

51BRNPSR4BL._SX343_BO1,204,203,200_

 

おはようございます!

もうすっかり朝晩は涼しくなって秋っぽいですね。

みなさんは秋の紅葉を見に行く予定などたてられていますか?

 

きれいな紅葉が見たいですね。

 

ではでは本日は

「野良犬の成功法則」という本を読んでみましたので

その感想と要点をご紹介させて頂きます。

 

ちなみに野良犬=ホームレスという意味ではないです。


 

 

51BRNPSR4BL._SX343_BO1,204,203,200_

野良犬の成功法則

堀之内 九一郎  (著)

http://goo.gl/M3KkTl

 


 

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

 

過去の人気番組「マネーの虎」の最多出演回数を誇る、

堀之内社長の書籍。

同書のターゲットは明確に下記になっている。

 

「会社から見放され、悔しくて悔しくてしかたのない人、能力を認められず悶々としている人、

現状に満足できず、より高い目標に自分を近づけようともがいている人」

 

これを「野良犬」と定義づけ、

野良犬ならこうすべき、という法則が書かれているのですが、

これはすべての人にも当てはまることが極めて多いです。

 

例えば下記などは非常に共感できることですし、

僕も大事にしたいと思います。

「毒草を食い、腹をこわせ。手痛い体験は買ってでもせよ」

「人は未来に向かって生きてはいない、過去をつくりながら生きている」

「欲を断ち切るとは可能性を断ち切ること」

 


 

<本書のポイント>

 

■野良犬の嗅覚に従えば見えないものが見えてくる

■本能で生きるとは自然の摂理に従って生きるということ

■成功とは設計図である。

■人間としてのベースがなければただの野良犬の遠吠え

■毒草を食い、腹をこわせ。手痛い体験は買ってでもせよ

■人は未来に向かって生きてはいない、過去をつくりながら生きている

■モチベーションの原点は自分でほしいものを選べること

 

■無力な自分を水面に映し生きていることを感謝せよ

■うぬぼれではなく本当の自信を持つ

■本当のかしこさとは自分の無能を知ること

■感謝することのできる人のところに人は集まってくる

■力を出しきった人に援護者は現れる

 

■嘲笑と泥にまみれても逆境で描いた青写真はすべて実現する

■単純にほしいものを目標にせよ

■欲を断ち切るとは可能性を断ち切ること

■真の欲求を持つことは怖い

■払った犠牲は何倍もの利益になって返ってくる

■飛行機のファーストクラスに乗ることの損得

 

■感動は人にとてつもない力を与える

■本当に能力のある人は自分を無能だと思っている

 


51BRNPSR4BL._SX343_BO1,204,203,200_

 

野良犬の成功法則

堀之内 九一郎  (著)

http://goo.gl/M3KkTl

 


 

 

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、

マーケティング、経営、マネジメントなど

人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

 

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

 

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆

今日もありがとうございました。

 

 

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>