人材育成

部下のやる気を発揮させるために伝えるべき3つのポイント

images

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

あなたにも、「沢山の部下がいらっしゃる」かも知れませんし、もしくは「部下は1人だけ」だと言う方もいらっしゃるでしょう。

または、最近よく人材育成の手法として活用される「メンター制度」のメンターをしているという中堅社員の方かも知れませんね。

多くの研修先、コンサルティング先でお聞きするのが、「どうしたらやる気にさせられますか?」という事なんですが、このことについて先に1つだけお伝えをしておくと、「劇薬のような即効薬はない」という事です。

何度もティーチング、コーチングを重ねつつ、言葉を覚えていってもらうことです。

 

その前提をお伝えしたうえで、今回のテーマです。

 

営業スタッフや部下のやる気を発揮させるために上司が伝えなければいけないポイント

gf01a201502171000

 

をご紹介します。

 

営業スタッフのやる気に火をつけるのがうまい人は、

今日ご紹介する3つは「確実に」行っています。

 

逆に、うまくない人は、あまりこういう事は出来ていないと思いますね。

 

では3つご紹介しますね。


 

1.過去よりも未来をいきる

3021cbcb0160663dff4e7a2f8809d0d2_300_225

「自分の今は過去が作っている」という言葉があります。

そうなると、今を一生懸命生きる事は、未来を作っているともいえます。

そうすると、つまりは、未来を生きることしか、今は逆にできないともいえます。

 

何が言いたいかというと、

 

「あなたの今はあなたの過去が作りだしたものです。

 いい未来を送りたいなら、今日から、未来づくりをはじめよう」

という事です。

 

こういった観点を持った事がありましたか?

 

もしあまりしていなかったな、という場合には、

そういう観点で、部下をモチベートして欲しいなぁと思うのです。

 

2.夢は見るものじゃなく動かすもの

 

lgf01a201404250700

未来を見てるだけではダメです。

よくあるのが、「未来の理想の姿をただただ、眺める(想像する)」です。

これで実現するか、というとこれだけでは無理です。

これは要は願望、というレベルです。

 

願望を引き寄せ現実にしていくためには、これしかないです。

 

現実に、今あなたが何をしているか、これが絶対に必要になります。

そういう意味で、夢は今から動かしていくものなのです。

 

行動あるのみ、という事です。

行動なくして夢の実現などあり得ない、という事です。

これは、成功する起業家や、営業職は、

 

3.失敗は実現への試金石

ダウンロード (42)

 

行動をためらう人は、すぐに失敗を恐れますが、失敗を恐れていては何も始まりません。

そして、それは、あまりよろしくない結果しか生みません。

 

わからなくても、わからないなりに、飛び込んでみる。

やってみて、失敗から学ぶこと。

こういった事を教えてあげて欲しいです。

 

失敗から学ぶことで、やったことがないことや、見えない事が実現可能となるのです。

実現可能になるという事は、いい結果が見えてきているわけで、そうなると誰でもモチベーションは高まってきます。

そういう形のマネジメントが必要だというわけですね。

 

終わりに

 

今日の3つは、基本中の基本かも知れませんが、

経営者をはじめ、管理職など上司が、リードすべき内容です。

 

そのためには、

まず自分自身を変革していかないことには

なにも始まらないのです。

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

 

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>