営業職

達成される目標、達成されない目標の差とは?

自問自答

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

営業組織コンサルタント 竹内慎也

達成される目標、達成されない目標の差

自問自答

あなたの昨年の目標は達成できましたか?

もし、答えが「ノー」なら、何かに間違いが必ずあります。

また、簡単に即答で「イエス」という場合も、何か間違いがあります。

「わからない」という人、かなり危険な兆候です。

 

目標設定の5原則は有名です。がしかし…

あなたも目標設定をする際に、「SMARTの法則」というものをお聞きになった事があるでしょう。

SMARTとは、Specific(具体的な)、Mesurable(測定できる)、Agreed upon(同意できる)、Result-oriented(結果に即した)、Timebound(期限のある)の5つを満たしている目標です。

がしかし、これは、私は比較的短期の目標設定をする場合に有効だと思います。

中長期の目標には、そこまで向いていないと思います。

 

達成されない目標とは?

以下の目標を立てている方は、「要注意」です。

中には目標と呼ばないものもありますので、一度チェック下さい。

達成できない=設定がおかしい、という事です。

 

達成されない、達成しづらい目標

・「~をしたい」等の願望になっていないか?

・やったかどうか判定しづらい目標ではないか?

・根拠が全くなく、精神論でしか説明できない目標ではないか?

・ぼやけた抽象的なゴール(というか思い)になっていないか?

 

実際こういう目標を立てた人は、1日から1週間程度はやる気が持続していますが、

1か月、2ケ月、6ケ月…と経過すればするほど、目標など、どこ吹く風、になります。

そして、忘れさられてしまいます。

 

達成できない目標=忘れられていること

達成できない1つの理由は、忘却の彼方へ目標がいってしまうのです。

なぜこれが起こるかというと、「等身大ではない」「無理やり立てただけ」「本気でやりたいと思ってない」といった事があげられると思います。

そして、普段意識しないので、忘れる。そして、達成しない、の達成不可能ループに陥ってしまう、というわけです。

 

達成できる目標とは?

ここで要注意ですが、低い目標=達成可能目標ではない、という事です。

そうではなくて、「ややチャレンジング(挑戦的)」な目標である事が重要です。

ここのさじ加減が下手な方は、適正な目標が立てる事ができません。

適正な目標が立てれない=到達地点が定まらない=ゴールがない

という事にもなってしまいます。

 

また、達成出来る目標は、目的さえも明確になっているケースが多いです。

かならずいい目標は、ゴールのみならず、それをやる意味、目的がはっきりしているのです。

 

終わりに

今日お伝えをした、

達成出来る目標と、出来ない目標の違いに気付いて頂いて、しっかり達成の年にして頂けたらと思います。

また、設定が苦手という方には、こちらのセミナーも参考になると思います。

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>