経営者

退職金制度~強まる成果給の要素~

皆様、こんにちは!

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の叶です。

今回は「退職金制度~強まる成果給の要素~」についての内容をお送りいたします。

【 退職金は支払いルールがあれば支給しなければならない 】

退職金制度は任意の制度なので、支給するか支給しないかは会社の自由です。

実際、中小企業では退職金制度がないところも多々あります。

しかし、景気が右肩上がりのときは退職金を支給していたが、現在は支給していないというような会社は、就業規則をチェックしてみましょう。

就業規則が昔のままで、退職金制度が書いてあれば退職金を支払わなければなりません。

慣習として支払っている場合も注意が必要です。就業規則には記載していなくても、退職金を支払うルールが出来ているとみなされれば、退職金を支払わなければなりません。

【 勤務年数型から貢献型へ 】

就業規則を確認して退職金制度を見直すときは、退職金制度が現在の経営事情に合ったものかどうかを検討する必要があります。

以前の退職金は勤務年数に比例して支払われるものが多かったのですが、現在では成果給としての要素が強くなっています。

より会社に貢献してくれた人に退職金を多く支払うという考え方です。

退職金を成果給にすると在職中の従業員のモチベーションを高めるという効果が期待できます。

【 退職金のメリットとデメリット 】

(メリット)

・退職金制度があることで、よい印象をもたれる

・制度次第で従業員のやる気を引き出すことができる

(デメリット)

長期間にわたる管理が大変

・退職金を積みたてる資金がない

・勤続年数比例型であれば従業員のやる気に関係しない

【 管理しやすい退職金制度を 】

退職金は、労使トラブルで辞めていく従業員に和解のような意味合いで渡すことがあります。

ささやかでも退職金があるのとないのとでは、従業員の満足度も変わってきます。

 一方で、退職金の管理は大変です。退職金を維持する、または新しく導入するときは、

中小企業のマンパワーでも管理できるような退職金制度を導入するか、外部の中退共制度などを活用することを検討しましょう。

【まとめ】

  • 退職金制度を導入している場合は、退職金の管理や費用が会社の経営に支障をきたしていないかを検証する

2、退職金制度を維持、または導入するなら、管理負担や費用負担が少ない退職金制度を検討する

ご一読いただきましてありがとうございました!今回の内容はここまでとなります。

皆様、次回もどうぞ宜しくお願いいたします!

参考文献: 下山智恵子 著「労働基準法がよくわかる本」 成美堂出版          今井慎 新井将司 監修「これ一冊でぜんぶわかる! 労働基準法 2019~2020年版]

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する