キャリアコンサルティング

質問の2つのタイプ

質問

質問の2つのタイプ

 

こんにちは。ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の森田です。

 

今回もビジネスの役に立つ、キャリアコンサルタントの知識を、ご案内したいと思います。

 

今回は、会話の中で自然と使っている「質問」に焦点を当てたいと思います。

 

皆さんも、会話の中で自然と行っている、「質問」ですが、大きく分けてつあるというのをご存知ですか?

一つは、「はいーいいえ」のクローズ質問。そしてもう一つは、自由に話してもらう、オープン質問。このつがあります。

 

クローズ質問

クローズ質問の場合は、物事の白黒がはっきり付き、答える側も、答えやすい(負担が少ない)というメリットがあります。

 

オープン質問

一方、オープン質問は、答える側の自由度が高いので、本音が聞き出しやすかったりします。

 

キャリアコンサルタントは、このどちらのタイプの質問も、特徴をしっかり把握して、その場に応じて使い分ける必要があります。

その際に注意しなくてはいけないのが、カウンセリングの場面のみではなく、一般的な場面においても、更にはビジネスの場においても、言えることなのですが、質問をする時に、質問をしすぎて「詰問」と感じられて、相手に「不快感」「息苦しさ」を感じられてしまってはいけない、という点です。特に「why(なぜ)」という様な質問をする際は、気をつけなくてはなりません。身構えられてしまうと、それまでの関係性が崩れてしまいます。

しっかりと、関係性を構築していくために、聞き方のニュアンス、そしてタイミング等も考慮して、クローズ質問、オープン質問を、駆使していかなくてはいけません。

 

この質問技法を、うまく使うことが出来れば、キャリアコンサルタントの現場では、クライアントの抱えている問題点が、そして、ビジネスの現場では、お客様が抱えている問題点が、把握しやすくなるのでは無いでしょうか。

 

c8cae96b14cf8d559965a890b8b90c23_s

 

今回は、ここまでです。

次回、また、ビジネスに役立つ、キャリアコンサルタントの知識を共有したいと思います。

Comments

comments

求人応募はこちからから

WSAの求人ご応募については以下リンクより、応募フォームへからお願い致します。

インターンシップ、コンサルタント(社員)、管理職候補まで求人随時募集しております。

※最近、こちらの応募フォームより、営業活動をされる方が時々いらっしゃいます。

こちらは応募専用ですので、電話等でのご案内を宜しくお願い致します。

求人に今すぐ応募する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>