営業職

質の”高い”情報のインプットを可能にするためには

質の高い情報のインプットを可能にするために

質の”高い”情報のインプットを可能にするためには

社会人二年目の者です。ビジネスマンとして“知識”や“情報”などのインプットは非常に大切だと感じています。しかし、日々の業務からなかなか、大量の情報のインプットは難しく、“質の高い”情報のインプットをこれからは行いたいです。何かオススメがございましたら、教えて頂きたいです。

shutterstock_189045062

こんにちは。

インプット、アウトプットについてのご質問ですね。

ありがとうございます。

これは、今の情報化社会においては極めて大事なスキルにはなると考えております。

私なりにどうしているか?を書きますと大きくわけて2つあります。

その1つ目は、

1:二流からは学ばない。超一流から学ぶ

remo-ruffini_01

という事です。

例えば、セミナーに行くとしますね。

安いセミナーだと、その程度の知識しか得られません。

無料セミナーなんかだと、単に集客をして、バックエンドを売るためにやっているケースが多いのです。

なので、インプットにはお金をかけること

これが大事です。

ただし、これをやるにはある程度の見極めもいりますね。

そのためには、特定ジャンルの本を複数読むことをお勧めします。

それはなぜかというと、それにより、どれがいいかが一目瞭然だからです。

その選び方をしてから、セミナーを受けに行かれたりすれば、インプットはあまり外れないのではないかと思いますね。

2:体験への投資

s-books_02

それから、さらには、「体験にお金と時間を使う事」です。

わかりやすい所でいえば、食事です。

例えば、お昼に、弁当ばっかり食べているのであれば、毎日、マーケティングを学ぶチャンスを放棄しています。

なぜならお店に行って、どんな見せ方をしているか、なぜこれは値引きをしているのか?とか、なぜ、あの店はいつも行列ができるのか?とか

フィールドマーケティングをするチャンスです。

また、外食に毎日いくと、そのお店の客層、数、単価がわかれば慣れてくると瞬時にその店の売上なんかも推定できるようになります。

外食といっても同じような所ばっかり行くのではなく、時にはフレンチに投資をしたり、回転寿司に行ってみたり、人気ラーメン店や、パンケーキ店にいくなど経験は増やし続けて欲しいと思いますね。

これによって、儲けのポイントなども、経験を蓄積すれば見えてきますよ。

これらは、卓上の学びからは得られません。

ここまでやることで、やっと実践で役に立つ人材になります

また、こうやって、出ていくことによって経営全般にも興味を持ちやすくもなります。

3:営業をわざわざ受けにいってみる

personaltrustsales-fig01

これも同じように体験によるインプットです。

誰かがこのように言っていましたが、

書を捨て、街に出よ

まさにこれが最高のインプットの1つなのではないかと思います。

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>