書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「論理的に考える技術」を読んでみて

wsa%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

「論理的に考える技術」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

本日ご紹介する書籍

論理的に考える技術

「思考する力」は構想と発想、そして接続詞の理解で驚くほど伸びる!

村山 涼一  (著)

http://amzn.to/2hN6Hr1

同書の評価と感想

キャリア・アンカー

5段階評価 ★★★★☆ 4

同書は、論理的思考をしやすくするための方法について書かれています。

私が特に共感したのは、「接続詞が重要」であるということです。

論理的に考えるためには、まず言っていること、書かれていることを理解しないといけませんが、どうしても、考える時点で抜け漏れが出やすくなる。

それを、最小限にしていくために、接続詞を見ていくことの大事さは、何を言いたいか、何を重要にしているかを把握するうえで極めて重要。

ほかにも、発想の方法や、考える手法について書かれていましたが、私は、これが重要だと感じました

竹内的本書のポイント

ラーニング

接続詞は論理の構造を把握するための道標

・付加 「しかも」「むしろ」「加えて」

・要約 「つまり」「すなわち」「要約すれば」

■その直後の部分が重要

・要約の逆「つまり」

■わかりやすくする

・換言「言い換えれば」「換言すれば」

・理由「なぜなら」「というのも」

・帰結「それゆえ」「従って」「だから」因果関係がある

・例示「たとえば」

■理解の糸口になるケースが多い

・転換「しかし」「けれども」「とはいえ」

■逆に転換

・制限「ただし」

■これ以降は重要

・対比「一方」「他方」「それに対して」

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>