営業職

詐欺的商材でも売っていたとある営業の話

同一賃金同一社会

かなり昔の話になりますが、営業の基本というか、入口を私は、学生時代のサークルで学びました。

その当時は、ほんとう色々やっていたなぁと思いますが、私が結構苦手にしていたのが、

イベントのパーティーチケットを販売することでした。

 

価値のないチケット、あるチケット

そのチケットには、3000円とかの定価が書かれているんですが、値段があってないようなものでした。

要は、そういうイベントをおこなうハコ代さえ出ればいいという事だったと思います。

 

そういうチケットを、「特別に1000円でいいよ」みたいな売り方で、売るのが、苦手でした。

すごく小口のわりに、説明を要するし、イベントの価値もよくわからないものが多かったというのが私の当時の認識でした。なので、私は「詐欺的な商品やな」と思い、かなり冷めてましたね、正直。

 

チケットを売るのがうまかった先輩

でも、こういうチケットを売るのがうまい先輩がいたんです。

まだ二十歳前後の当時の私は、「なるほど。こんなやり方があるのか」と関心をしていました。

その人はどうやって売っていたのか?というと、実はそんな難しい事はやっていませんでした。

 

難しい事ではなく、ある意味でシンプルな習慣を持っておられた印象が強かったです。

 

では一体どうしていたのでしょうか?

 

興味、関心を持つ

それは、「相手が興味、関心を持っていることを聞き出す」という事です。

これは、法人営業であれば、「今後の目標」や「今の解決したい課題、困りごと」とも言えると思います。

相手の今考えていること、興味、関心から、今後したいこと、やろうと思っていることを聞き出し、

その実現のために、どうでしょうか?という提案をしていたのです。

これは極めて単純なトークだと思いますが、営業の原点だと、ある時ふと思わされました。

 

営業の公式

基本的にその商品が買いたくなる時、その商品を活用して何が得られるか、ということを

自分ごととして捉えてもらうことが必要になります。

 

なので、このように書く事が出来ると思います。

 

自分ごと化 = (興味、関心の引き出し+実現のための商品活用)

 

ここでいう、興味関心の引き出し、が、共感を示したり、ヒアリング、質問をするスキルとなります。

実現のための商品活用は、提案力、プレゼン力、となります。

 

このように、自分ごとになるには、相手が自分の状況を理解してくれ、それに沿った効果的なイメージやストーリーを提案してくれ、それが刺さったときに、自分ごととして捉えられます。

なので、「自分にとって重要なこと」を生み出すことが、セールストークの基本であり、奥義でもある、といえます。

 

終わりに

営業が苦手な方は、まず人の思い、感情、ニーズ、悩み、課題、理想、欲求、などを知ることです。

そしてそれらへの、知識もつけておくこと。それが、セールスの達人への近道だと思いますね。

 

「自分にとって重要なこと」を生み出すこと

を意識してみましょう。

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>