営業職

人にかける言葉ひとつひとつを大切に

新規 Microsoft PowerPoint Presentation

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

今日は、私たちが何気なくしている普段の習慣にフォーカスをあてていきます。

一人にかける言葉ひとつひとつを大切に

ということで、「言葉の書き換え」についてご紹介しますね。

 

というのも、普段何気なく私たちが発する言葉ですが、

言葉は最もそれを発する人に強い効果をもたらす、とも言われています。

つまり、どういう言葉を選ぶかによって、自分自身にも強い影響を与えます。

 

また、それは、周囲にも多大なる影響を与えていくのです。

そういう言葉はやっぱりこだわったほうがいい、と私は思います。

 

 普段からのほんのささいな習慣形成から、私たちの成果は変わっています。

なので、この小さい事にこだわって欲しいのです。

 

 

言葉はハッピーにもアンハッピーにも出来る

o0800045012746645385

 

言葉は人を喜ばせることもできますが、傷つけることもある、という事を忘れないようにしたいです。

疲れている人に、「疲れてますね!」といってもこれはどうなんでしょう?あまり良い気持ちはしないものです。

それよりも、「早く帰ってゆっくりしいや~」とか言われた方が心に響きます。

 

つまり、「自分ごと」の言い方には興味関心を持ってもらったと感じるのですが、

「他人事」の言い回しには、私たちはさみしさを覚えるのです。

 

何気ない一言かも知れませんが、営業職や管理職、経営者など、人をリードすべき立場の人は

こういう所に、人一倍、気をつけないといけないわけです。

 

逆に言えば、ここを大事に出来る人は、成功できていたりするものです。

 

■大事なことは「いいかえること」

0ad60ef1a44c5d2954207861e88bc06bf409668a_l

つまり、私たちは、「どう言うか」を考えないといけないわけです。

それは、相手に対する「どう伝わるか」「どんな思いを持たせるのか」を考えつつ発信をするわけです。

 

言葉を変化させることを私たちは求められています。

例えば、「疲れてますね」は「やりきりましたね」とか「充実してる顔ですね」とか「いい顔になってますね」とかそういう事です。

これによって、全く受け止め方が変わるのです。

なので、肯定的に受け止められるであろう言い回しを、あなたは、一回り二周りして、伝えていかなきゃいけない、というわけなのです。

 

まとめ

ささいな一言、大事にしたいものですね。

ただし、意図的に何かメッセージを伝えるためにとる行動もありえます。

例えば、あえて空気を読まない、あえて厳しい言葉にする、といった事も番外編ではありますが、使っていかないといけません。

今日ご紹介したように、変に気遣う、取り繕うだけでは、ダメだという事を認識下さい。

目的は、その言い回しで何を伝えたいのか、最も伝えられるにはどういう言い回しが最適になってくるのか?

これが非常に重要であると認識して下さいね。

 コツは、配慮しつつ遠慮しないこと、です。

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>