助成金

補助金? 助成金? 入札?  その違いを徹底解剖!

補助金? 助成金? 入札? その違いを徹底解剖!

補助金? 助成金? 入札?

その違いを徹底解剖!

 

みなさんこんにちは。ウィル・スキル・アソシエイトの人事コンサルタント、土居雅弘です。中小企業は行政から様々な支援を受ける事ができます。代表的なものとして、補助金、助成金、入札があります。何となくは分かっていても、忙しい経営者様は、それらの制度の違いについて調べる暇もないのではないでしょうか。

 

そこで、今日は分かっているようで理解し辛い、補助金、助成金、入札の違いについて説明しようと思います。

 

補助金

これは、経済産業省が扱う制度になります。代表的なものとして、「IT導入補助金」、「ものづくり補助金」、「小規模事業者持続化補助金」などがあります。

 

これら補助金の特徴は、支払った経費の1/2~2/3が補助されることになります。主な対象は設備投資やIT化、販路拡大などになります。但し、注意しなければならないのは、採択率が100%ではないため、申請書でのアピールの仕方、報告した経営状態によっては、不採択となる可能性もあります。又、申請期限が限られているため、早めに情報収集を行い、事前準備をしっかりと行なっていることが必要です。

 

補助金を扱うコンサルは主に税理士ですが、中小企業診断士や行政書士なども扱っています。興味のある方は、顧問税理士に角印してみるのが良いでしょう。

 

助成金

これは、厚生労働省が扱う制度になります。従業員の能力開発や雇用環境の整備に取り組んだ会社(個人事業主含む)に対して支給されます。

 

助成金の特徴は、要件を満たした会社で、取組みを行えば必ず支給されことです。比較的取組み易い制度であるため、まだ活用していない経営者様、積極的に取り組むことをお勧めします。

 

近年、どの企業も人で不足に悩んでいることは周知のことと思います。従業員一人一人の生産性を高め、職場への定着を促すことは大切なことです。助成金を活用することで、これらの取組みを最大実質無料で行うことのできる可能性もあり、その間の賃金補助も受けられる制度もありますので、とてもお得です。

 

助成金を扱うことが出来るのは、厚生労働省の所管する国家資格をもつ社会保険労務士になります。税理士が行っているケースも見られますが、専門ではないので提案できる制度も少なくなっている傾向があります。活用できるものはどんどん使っていきたい、というのであれば、社会保険労務士へ相談することをお勧めします。

 

しかし、注意しなければならないこともあります。社会保険労務士は、行政へ申請する書類の提出に関してはプロですが、受給するための取組み、例えば従業員の訓練や人事評価制度の構築は経営者様自身が行う必要があります。

 

しかし、忙しい時間を縫って、それらの取組みを行うことは困難ですよね。専門のコンサル会社と社労士が提携して進めていくと手間を取られることなく、従業員の成長や定着化を進めることが出来るので効果的です。

 

入札

これは一般の経営者様には馴染みが一番薄いのではないでしょうか。実際に活用する機会もほぼ無いと思います。

 

入札は、行政が民間に仕事を発注する際に、行政の想定する金額を提示した業者が落札できるという仕組みです(ちなみに、呈示する金額が、行政の想定する金額を下回ってはいけません)

 

入札が最も多いのは、建設・建築関係であるということは皆さんもお気づきなのではないでしょうか。

 

尚、入札には、過去の実績を基に募る指定入札や、幅広く募る公告入札などがあります。

 

どちらにせよ、この記事を読んでいらっしゃる経営者様が入札に参加する可能性は低いでしょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしょう。補助金や助成金、入札は上手く活用すれば、会社の業績拡大に大きく貢献してくれます。逆に言えば、拡大している企業の多くは、これらの制度を上手く活用しているのです。

 

補助金や助成金、入札は情報が命です。常にアンテナを張り、行政のウェブサイトを確認しておく必要があります。でも…

 

現実的には不可能ですよね。

 

ですので、コンサルを上手く活用しましょう。彼等はプロですので、活用できる制度を素早く提案してくれます。思わぬ制度を活用でき、大きな金額を受給できたというケースはざらです。

 

 

 

興味のある経営者様、是非検討してみて下さい。それでは皆さん、また次回お会いしましょう!

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>