書評:私が気になったビジネス本をご紹介

英国超一級リーダーシップの教科書

510ZzoV6uVL._SX344_BO1,204,203,200_

おはようございます。

今回紹介させていただきます内容は、リーダーシップについて書かれた本なのですが、正直、リーダーシップって本ごとに書かれていることが違っていて、疑ってしまうことがあるのですが、今回紹介させて頂く本はそのことにも触れていて、大満足した一冊となっています。


 

510ZzoV6uVL._SX344_BO1,204,203,200_
英国超一級リーダーシップの教科書
ジョン アデア (著), 酒井 正剛 (監修), 高橋 朗 (翻訳)
http://goo.gl/Oy8KFe


私の5段階評価 ★★★★★ 5

リーダーシップに関する書籍は、多くあります。
その中には、似通っていたり、はたまた、全く逆の論理展開になっていたりと「結局正解はないのか?」と思ってしまうのが、リーダーシップであったりします。

同書は、そういう部分さえ考慮して、リーダーシップ論を説いています。

かつ、極めて体系化されているため、非常に納得感のある内容となっています。
ときどき活用されている、名言も極めて含蓄が深かったです。

例えば、

マネージャーは自分のスタッフを知るのに6ヶ月かかる。しかしスタッフは彼を知るのに6日しかかからない。

天才ではない凡庸な男女は、十分なシミュレーション、創造的な努力へのインセンティブ、そして大いなる望みを持つ資質が必要である。

18世紀の詩人であるジョン・コリアー千人の兵士を見つけることはたやすいが、ひとりの将軍を見つけることは非常にむずかしい中国の格言

多くの気付きが得られる1冊です。


<本書のポイント>

■誰もあなたにリーダーシップを教えることはできない。
それは自分自身が学びとらなければならず、得てして経験、実体験から学ぶこととなる。
しかし、経験や実践は、原理原則や考え方を知っていてこそ役に立つというものだ。

■普遍的なリーダーシップ7つの特性
熱意
誠実
タフネス
公明正大
温かさ
謙虚
信頼

■リーダーシップ・ファンクション
タスクを成し遂げる
タスクを明確にする
計画する
要約する
統制する

■チームをつくり維持する
個人を成長させる
評価する
動機付けする
組織化する
模範となる

■ブリーフィングする際のガイドライン
準備せよ
明確であれ
シンプルであれ
活き活きとせよ
自然体であれ

■リーダーシップ ショートコース
自分が間違っていたことを自分が認める
君を誇りに思う
君の意見は?
もし、君がよければ
ありがとう
私たち
そして、最小限に発する言葉は・・・私

■最も理想のリーダーは部下から存在することさえ意識されない


 

510ZzoV6uVL._SX344_BO1,204,203,200_
英国超一級リーダーシップの教科書
ジョン アデア (著), 酒井 正剛 (監修), 高橋 朗 (翻訳)
http://goo.gl/Oy8KFe


私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、
マーケティング、経営、マネジメントなど
人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆
今日もありがとうございました。

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>