人材育成

そりゃ結果出るわけないと思ってしまう5つの誤った考え方

そりゃ結果出るわけないと思ってしまう5つの誤った考え方

そりゃ結果出るわけないと思ってしまう5つの誤った考え方

著者:営業組織コンサルタント 竹内慎也

最近クライアント様のヒアリングをしている中で、ある事に気付きました。

それは、「結果が出る考え方」があるし、「結果が出ない考え方」がある、という事です。

これは実は、細かい微差であったりするわけですが、その微差が大差になっているのです。

今日はそういった中でも、特によくある5つをご紹介させて頂きたいと思います。

考え方1:結果が出る人は、すぐ動き、結果が出ない人は、言い訳をする

仕事

昔、こういう人がいました。 ある人は、何か新しい事を知ったら、動かずにはいられない人。

ある人は、何を聞いても、動こうともしない人。

間違いやミスも多いのが前者かも知れませんが、成功パターンも多いのが前者です。

この習慣は非常に顕著な行動として表れてきます。

出来る人や、やる人は、動くか、それとも動こうとします。

出来ない人は、とにかく動こうとしない、逆に出来ない理由を並べて、自分で自分を説得しているようにさえ見える事もあります。

考え方2:結果が出る人は、なぜ?やるかを考え、結果が出ない人は、深く掘れていない

131205ECthink01

これは、私も以前学んだ事でもあったのですが、なぜを考えるのと考えないのでは、結果や成果において雲泥の差があるケースがあります。

結果が出る人は、何をするか以上に、誰とやるかを考えていて、さらには、なぜやるか?を明確にしている。という事です。

これは、あなたが、応援する立場で考えるとよくわかることになると思います。

あなたに、何かをお願いしてきた人がいたとしましょう。

その人は、あなたに「一緒に世の中を変えるようなことをやろうよ」と言ってきたとします。

そしてあなたはこう質問をしました。

「なんでそれをしたいの?」っと。

さて、どちらの答えがいいでしょうか?

A「いや、だって、そうしたらお金儲かるやん」

B「それは周りの人が絶対喜んでくれて、明るい世の中になると思うからだよ。 だから世の中を変えれる位の事をしたいんだ。」

さて、どちらでしょうか?

多くの場合は、Bを選ぶと思います。

そして、それが、なぜ?を明確にすることで得られる効果です。

考え方3:結果が出る方は、やってから考える。結果が出ない人は、やる前に考えすぎてしまう。

personaltrustsales-fig01

 

ここまで2つ考え方をご紹介しましたが、そこにもつながりますが、成功するタイプは とにかく行動をしながら考える、というスピード感を持っています。

その中で、うまくいかないなら、いかないなりに答えを出したり、改善をしていったりするのです。

しかし、やる前に考えすぎてしまう人は、結果的に動けなくなる事が多いのです。

これは、例えば、バンジージャンプをするとして、色々頭をよぎったり、不安に思ってしまって踏み込めないのと同じです。

なので、リスクを考えすぎてしまうから動けない事が多いのです。

しかし、思ったほどリスクはなかった、となることが多いため、出来る限り、挑戦した方がいい結果を得られます。

考え方4:結果が出る方は、いいやり方はマネする。結果が出ない人は、いいやり方をマネしない。

7

 

結果が出る人は、いいやり方はどんどん自分のものにしていきます。

そして、さらによいノウハウ、方法、プロセスを編み出していきます。

しかし、結果が出ない人は、いいやり方を見ても、「あの人はああいう考え方なのか」と、まるで他人事のようにします。

実は学ばない事もダメですが、こういう他人事目線でしか物事を見ない事が最大最悪で悪いことなのです。

また、結果が出ていないわりに、自分のやり方に固執して、さらに最悪の事態をもたらす事にもつながったりします。

例えば、売掛金回収などがそうですが、売掛回収のために、事前確認をした方がいい事が多いにも関わらず、 「僕はそういうのしないんで」とか言ってしまう人は、ほぼダメですね。

結果が出る人は、過去の先人の知恵やノウハウをしっかりマスターしようとし、 むしろ、他の人のやり方に対して敬意を払っています。

考え方5:結果が出る人は、論理で考える。結果が出ない人は、感情に流される。

Menjoy_52345_1

 

結果が出る人は、常に論理的に考えて出来る事を洗い出しますが、 結果が出ない人は、論理ではなく、感情、感覚で判断をします。

論理で考えて、やるべき事を明確にしないと、仕事は出来ないのです。 発想をしたりアイデアが問われるような事は、感性も重要ですが、論理でもアイデア出しは可能です。

ロジカルシンキングが出来ない、というのは、こういうことです。

「私は、仕事にムラや浮き沈みが出てしまいます。なぜなら感情の起伏が起こるので それが激しいんです。」と言ってしまっているようなものです。

気分で仕事をする人に任せたいでしょうか? 答えはノーだと思います。

やはり安定感を持って仕事をしてほしいと思いますよね。

終わりに

定着率

 

今日ご紹介をした5つについては、極めて重要です。

当たり前のことながら、大事です。

でもこういう微差が、埋めきれない大差を生んでるんだということをしっかり肝に銘じておきましょうね。

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>