営業職

突然ですが、、あなたは取引先に「NO」と言える方ですか?

WSAブログ

営業組織コンサル@竹内慎也です。

最近お会いする方の中で、一生懸命営業をしているんですが、

結果が出ない、という方にお会いすることがありました。

研修のご参加者なのですが、その方は、「自分は効率が悪いと思っています。どうしたら、効率的な売上アップを狙えるのでしょうか?」というご質問をして下さいました。

ここで、普通なら「効率的に」という点においてはひっかかりを覚えてしまうタイプですが、

ここは自然にお話を聞いていきました。

すると…面白い事がわかったのです。

 

あなたにも考えて頂きたいので、突然ですがご質問です。

 

あなたは取引先にNoといえますか?

Lifehacker_201410_141006customer_6

 

 

これは何事もNoと言いなさいというわけではなくて、言える時に言えるかどうかを聞いているものです。

 

いかがでしょうか?

 

もし、ここでNoといった方は、正直ですね。

イエスと言えない方は、

かなりお客様に対して無理をしている可能性がきわめて大きいです

つまり、相手の都合がかなりのウエイトを占めていて、重要な事柄に着手できていない可能性があります。

 

モンスター顧客は断ってしまわないとダメな場合が多い

こういった顧客をモンスター顧客と言います。

こういったお客様によって、普通では考えられないクレームがあったり、

はたまた、通常以外の様々な要件を頼まれてしまい、時間がなくなってしまう。

それどころか、この件だけで、休日出勤をしたりしてしまうケースもあるでしょう。

 

それにより、もしかしたら、あなた自身が大きな機会を失っている可能性があります

なぜなら、あなたがやる必要のないことをやってしまったり、

もしくは、あなたがした取引はあなたにとって利益がなかったかもしれません。

gatag-00003478

 

こう考えたら、いうべき時にNoといえることは営業にとってきわめて大事です。

勇気をもって、No、と言ってみましょう。

 

モンスター顧客が企業をブラック企業化させている可能性もある?

今ブラック企業とか言いますが、実はお客様側を断れていないことで起こっていると思っています。

なぜなら、法定外の様々な要求や、書かれていないサービスを要求されるケースもあるでしょう。

こういった事を断っていかないと、実はかなりの足を引っ張られ、本業に直結するようなダメージを受けてしまう、時間的損失を受けてしまうことも少なくないと思って下さい。

それって、すごい損失なのです。

計算すればわかると思います。

ただ、計算ばかりだと、やはり血の通った営業活動、人間関係ですから、それはそれでダメだという気持ちも持たないといけません。

そういう意味で、適度さ、が大事なのです。

 

経営陣、管理職、営業の全員の意識改革も必要?

これには、経営陣、管理職、営業の全員の理解の一致も必要でしょう。

営業個人では、やっぱり断れない事も多いですし、営業は断ろうとしても、管理職がダメと言う、ということもありうるでしょう。

時代の流れが速い今だからこそ、こういった事へのスピーディーな対応も求められていると思います。

世の中では、とあるファミリーレストランが、24時間営業をやめたり、など、様々な変化が起こってきていますので、こういった変化を感じられる会社やヒトが、生残っていくと思います。

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>