組織活性化

環境分析はSWOT分析だけでは 不十分?

環境分析はSWOT分析だけでは不十分?

環境分析はSWOT分析だけでは

不十分?

 

 

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 前原です。

今回はSWOT分析とクロスSWOT分析についてご紹介したいと思います。

 

 

SWOT分析のメリット・デメリット

SWOT分析をご存知の方、やった事があるという方は多いかと思います。

 

 

 

事業や企業の外部環境と内部環境について、強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つに分け分析する手法で、最も広く知られ、使われているフレームワークと言えるのではないでしょうか

 

 

 

 

しかし、環境分析をする際に有効ではあすのですが、SWOT分析にも弱い点があります。

この4つの分析だけでは、表面上の見えやすい部分の以上のものはなかなか出てこないため、思考の整理だけになってしまいやすいのです。

今後の戦略を考える上ではさらに深めて考えて行く必要があります。

 

そこで弱点を補うため、SWOT分析にプラスして、クロスSWOT分析を行います。

 

 

クロスSWOT分析とは

クロスSWOT分析は、強み、弱み、機会、脅威の4つの項目をそれぞれ掛け合わせて考えるフレームワークです。

2×2で合計4つの戦略が考えられます。

外部環境と内部環境から、具体的に何をどうしたら良いかを考えると、具体的な行動が見えやすくなります。

 

 

 

 

 

・強み × 機会

自社の得意な分野・方法、他者より優位なモノを活かし、どのように機会を得るか考えます。

つまり、伸びている市場で得意な事をするという視点です。

積極的に勝ちにいく施策、戦略を検討できます。

この時、どの強みとどの機会を組み合わせるか、明確にすることがポイントです。

 

・強み × 脅威

強みを活かして、脅威にどう立ち向かい。機会に変えていくかを考えます。

ここでは具体的な方法よりも、方向性を明確にする事がポイントです。

強みを活かして脅威に対応するには「差別化」が重要になります。

 

・弱み × 機会

機会を捉える為に、弱みをどのように克服していくかを考えます。

弱みの克服は強みを増やす最も早い道です。

狙うべきは「弱点カバー」で、弱みに足を引っ張られないことが大事です。

 

 

・弱み × 脅威

被害を最小限にとどめる為の戦略の種を考えます。

自社の弱みでさらに脅威にも重なるこのゾーンは、大きな失敗、被害が発生しないうちに早々に撤退するのも選択肢です。

弱みと脅威の組み合わせを考えて機会に変えるよりは、既にある強みと機会を最大限に活かす事を重視します。

 

 

 

 

 

終わりに

SWOT分析は環境分析のフレームワークとしてとてもよく使われますが、メリットとデメリットがあります。

クロスSWOT分析を行うと考えるべき戦略の整理がしやすくなりますので、SWOT分析を行う際には、クロスSWTO分析を合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>