マーケティング

消費者の心理を読みとって、 適正な価格設定を行おう。

図1

消費者の心理を読みとって、

適正な価格設定を行おう。

 

みなさん、こんにち。ウィル・スキル・アソシエイトの武内です。

 

今回は、心理的価格設定の方法についてご紹介させていただきたいと思います。

みなさんは、商品の価値をどのように判断しているでしょうか。どのような商品とその価格を見ても、「そんなものだ」と納得しているでしょうか。

 

消費者は以下の様々な要因によって、商品の価格を相対的に判断していると言われています。

あなたにとって価値があるか ・他に比べて機能が充実しているか ・一般的な他の商品に比べて高いか安いか これに対して、相対的に判断をしない、できない価格設定というものがあるのです。それが、消費者心理をコントロールする心理的価格設定というものになってきます。 価格設定といえば、マーケティングにおいては一番重要な項目と言われています。

その中でも最も代表的な4つの心理的価格についてご紹介させていただきます。

 

 

4つの心理的価格とは?

  • 段階価格

段階的なプライスラインを設定することです。高級品、中級品、普及品といった具合で、

消費者はそれを見て予算に応じて、製品選択をします。この政策は同一製品系列における

品目数が多く、価格の幅が広い製品に適しています。

 

  • 名声価格

消費者は価格によって品質を評価する傾向にあり、製品の名声を意識して価格を

設定します。消費者が製品の価値を十分に評価できないブランド品や骨董品などでは、

むしろ価格が高いほうが、高品質であることを評価し、売れる場合があります。

 

  • 端数価格

98円や19,800円というような端数を付けて値引き感を強調するように価格をします。

 

  • 慣習価格

世の中には価格が決まっていると刷り込まれた商品があります。その業界において習慣的に設定されてきた価格帯がある場合に、それに倣って決められる価格のことを言います。

例えば、タバコや缶飲料などが該当し、

価格を上げると急激に需要が減退する傾向があります。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

価格を新たに決め直す場合や新商品を売り出す場合、価格設定の参考にしていただければと思います。

価格設定は、事業を経営していく上で非常に重要な部分になりますので、参考にして頂けると幸いです。

 

 

 

 

(参考文献)

・通勤大学MBA マーケティング(通勤大学文庫) 青井 倫一

 

・消費者心理をコントロールする7つの心理的価格設定とその事

http://free-web-hope.com/psychological-pricing-and-case

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>