労働関係法令

業務委託社員と労働者の違いとは?

業務委託社員と労働者の違いとは?

業務委託社員と労働者の違いとは?

 

皆さん、こんにちは!

ウィル・スキル・アソシエイトの叶です。

今回は「業務委託と雇用の違い」についてのお話です。

以下で業務委託の詳細やメリット等をご説明させていただきます。

 

 

外注者は「労働者」ではない

会社の業務を、外部の個人事業主や会社(以下、外注業者)に委託する、いわゆるアウトソーシングを行う傾向が強くなっています。アウトソーシングでは、外注業者と業務委託契約を結んで会社の業務を委託します。

外注業者は会社の従業員ではないので「労働者」ではありません。したがって、外注業者との付き合いでは、法定労働時間、年次有給休暇などの労働基準法の規制は受けません。報酬も、労働時間ではなく、出来高や成果に応じて支払います。

 

 

労働者かどうかは実態で判断される

業務委託社員制度を活用しようと、形式だけ整えようとする会社があります。しかし、問題が発生した場合は「名称によらず実態」で判断されます。基本的に労働者とは「指揮・命令を受けていて、賃金を支払われている者」をいいます。「労働者ではない」と主張しながら、報酬を時間給として計算している業務請負契約書を見かける事があります。この場合、「労働者ではない」ということと、報酬を働いた時間で計算することは矛盾していることになります。また、会社から独立した者であれば、通常、業務に必要な機械は自前で用意します。例えば、会社

から無償で貸与を受けている場合には、会社から独立しているとは判断されにくくなります。

 

労働者かどうかの判断基準 ※下記内容に該当する場合は総合的に見て労働者と判断される

                               資料出所:厚生労働省

  • 会社から指揮・命令を受けている

・仕事の依頼、業務従事の指示などに対して拒否することができない

・会社による業務の具体的内容および遂行方法に関する指揮・命令がある

 

  • 賃金を支払っている

・所得税を源泉徴収している

・消費税を加算していない

・報酬が時間給、月給などの時間によって計算されている

 

  • 会社から独立した者と判断できない

・機械や器具などが会社から貸与されている

・報酬の額が正規の労働者と比較して高額ではない

・他者の業務に従事することに制約がある

・報酬に生活保障的要素がある(固定給部分がある)

 

業務委託のメリット

アウトソーシングには、専門的な知識や技術をもった人材を利用できるという利点があります。社会保険料などの支払いも必要なく、活用次第ではコスト削減を図れる点も魅力です。また、業務ごとに委託契約を交わすことができ、もし仕事内容に不満があれば、次回からは契約しないという柔軟な対応ができます。

 

 

 

 

今回のご紹介はここまでとさせていただきます!

次回もどうぞよろしくお願いいたします!

 

参考文献: 下山智恵子 著「労働基準法がよくわかる本」 成美堂出版

今井慎 新井将司 監修「これ一冊でぜんぶわかる!労働基準法」 ナツメ社

 

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>