経営者

業務マネジメントに対する基本的な3つの考え方とは?

みなさんこんにちは!!
ウィル・スキル・アソシエイトの武内です。

マネージャーが行うべきマネジメントは、チームとして組織の経営計画の実現に貢献すること。
すなわち、事業計画を実施することです。

そこで今回は、マネージャーに求められる業務マネジメントの3つの考え方についてご紹介させていただきます。

業務マネジメントの基本的な考え方

 マネージャーが事業計画を策定するためには、

①経営計画の内容
②その実現のために自己のチームに求められている目標
③その目標を達成するためにいかなる活動が必要となるか?

をよく理解する必要があります。

経営計画の内容を理解する

 マネージャーは、組織として決定された経営計画の内容を正確に理解しなければなりません。
事業計画の策定においては、自己の組織が直面する外部環境と組織自体の財務状況等を分析・検討します。

チームとして実現すべき目標をかかげる

 経営計画を理解した後は、マネージャーは経営計画の実現に向けて、チームとして実現すべき目標を設定することとなります。
具体的には、来期に実現すべき売り上げや利益を検討し、実現するために必要となる費用を計算します。

目標達成に必要な活動を決定し実行する

 チームとしての業績目標を設定した後は、その目標を達成するために必要な事項と担当者を決め、スケジュールを決定し、業務計画を策定して実施します。

 マネージャーは、チームの目標達成に向けた業務計画の策定と実施にあたって、
部下との間で、計画の背景や目的等を共有するため、コミュニケーションを図り、部下のモチベーションを高めることが求められます。

 さらに、部下の人員配置や業務進捗等には、労働関係法令に違反しないように注意を払いながら、部下が業務を実施する際にはヒューマンエラーの防止に努め、安全衛生等にも注意する必要があります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

業務マネジメントに関する基本的な考え方なので、ご存知の方も多いと思います。

参考にしていただき、できていない部分が改善し、業務向上につなげていただけたら幸いです。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください