弊社:ウィルスキルアソシエイト

本日で創業7期目を迎えました。

本日をもちまして、当社、ウィル・スキル・アソシエイト株式会社は、

7期目を迎える事が出来ました。

多くのご利用頂いたお客様、関係者様に、感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

ちょうど襟元をただし、再度向き合っていくタイミングのため、少し創業からの話を書きます。

 

創業の経緯

当社は、代表竹内が、株式会社インテリジェンス在職中に感じていた、

「採用会社は採用させっぱなしで、定着化などのフォローをしていない。」という現状を見ており、疑問を持っていました。

「折角採用したのに、すぐ人が辞める。こんな損失はない」と思っており、従業員が定着し、人が育ち、生産性を高めて、企業発展につなげたいという思いから、創業した会社です。

前職は非常に素晴らしい会社ではあったのですが、どうしてもビジネスモデルが「採用支援」でしたから、

モデル上、無理が起こっていたのだと感じています。

そうして、会社は立ちあがっていくのですが、最初は、苦難の連続でした。

 

創業2ヶ月後には震災が発生。

当社は、2011年1月21日が創業です。

その前に、個人の研修講師として半年ほど活動をしたのちに法人化しました。

今思えば、創業した2ヶ月後には、世の中を揺るがす東日本大震災が起こり、

受注していた研修の仕事等のストップ等、色んな災難が起こりました。

本当、最初の1年目は、私の事業プランのまずさから、大変な事が発生しましたが、

この1年間で、非常に多くの事を学びとる事が出来ました。

 

創業2年目で書籍を出版。

創業2年目で、強運に恵まれ、明日香出版社様にお声掛けを頂き、

初めての書籍「非エリートの思考法」の出版が出来ました。


hi

本当にありがとうございました。

ただ、同時に、ビジネスモデルを変革中だった時に出版したため、

実は会社は大変な火の車でした。

(詳しい話は、直接お聞き下さい)

創業3年目に研修スクール

創業3年目には、現在の中核事業となる、中小企業向けビジネススクール事業を行う事になりました。

こちらは「WSAスクール」という名称で現在もサービスを提供させて頂いております。

HP

美容業界特化型接客研修は今でも多くのご利用を頂いておるほか、

飲食業界特化型接客研修についても、非常に多くのお客様にご利用を頂いております。

また、中小企業に特化したマーケティング研修については、「珍しいですね」「どんどんアイデアの湧く研修ですね」というご評価を頂くまでになりました。

こちらのスクールにも、非常に多くの、お客様の声も頂きました。

研修レポートはこちらから

 

創業4年目、5年目、6年目には「評価制度サービス」

創業4年目から5年目には、中小企業でも簡単に活用して頂けるような、

評価制度作成サービスを展開するようになりました。

こちらは、背景として、やはり「人材の定着化」に課題を感じている企業様が非常に多くおられまして、

何とか解決を図れないだろうか?というご相談を頂く事が増えたことがきっかけです。

世の中についても、「人材不足」を叫ぶ企業が多く、離職率低減に関心が向いて来ていました。

大阪府経営革新認定を取得

単に、そういった現状を嘆いているだけでは、何も始まりませんから、

当社では、大阪府の経営革新認定を取得しました。

詳しくはこちらのページに書いております。

 

人事評価制度の中の「コンピテンシーモデル」評価

そして、評価制度で、中小企業において、

最も能力開発と業績アップが連動出来る制度は何か?

と考えている中で、従来のものを発展させるきっかけを得ました。

日本は今、どんどん短時間労働で成果を上げていかないといけない世の中へと変革が進んでいます。

そうなりますと、人材育成についても、評価方法についても、変化をしていかなければなりません。

そこで一体何が有効か?との答えなのですが、

それは、以前より興味関心のあった、「コンピテンシーモデル」です。

※コンピテンシーとは、「成功する行動特性」のことで、

コンピテンシーを明確にし、それらで評価を行ってしまうという手法です。

 

 

中小、成長ベンチャーの支援へ

「コンピテンシー評価」を行うものも、

成長ベンチャー企業を中心にご提案させて頂くようになりました。

成長ベンチャーは、急速に組織が拡大する中で、問題が放置されがちで、

そういった面を、代表竹内を中心に、ご支援をさせて頂く事をさせて頂いています。

また、2年目に多くの反響を頂きました、マネジメントセミナーを復活させたり、

企業内においての、古き良き日本企業にあった「徒弟制度」を現代風に有効に機能させるための

メンター制度導入研修」なども運用するようになってきました。

 

今後はさらに支援を強化したい

創業当初の、人材定着化の促進のため、少しずつ、商品ラインナップも増え、

問題解決能力も上がってきているとは思いますが、課題はまだまだ多いです。

 

これからも当社は、日本の99%以上を占めている、中小企業、ベンチャー企業様の支援を行い

働きやすく、生産性の高い企業づくりのご支援をさせて頂く事を、使命と掲げ、事業にまい進して参ります。

今後とも、当社ウィル・スキル・アソシエイトならびに従業員、講師を宜しくお願い致します。

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>