人材育成

本当はそうだったのか! 採用面接の意味

本当はそうだったのか! 採用面接の意味

本当はそうだったのか! 採用面接の意味

 

 

 

皆さんこんにちは。ウィル・スキル・アソシエイトの人事コンサルタント、土居雅弘です。今日は求職者の皆さん向けの記事を書いてみたいと思います。テーマはズバリ、タイトル通りの「面接の意味」です。

 

 

面接で重要なこととは?

 

 

え…?自分をアピールするんじゃないんですか?」

 

 

そんな声が聞こえてきそうです。はい、確かに全くの外れではありません。しかし、一番重要なところは違います。面接と言っても、新卒採用、中途採用なのか、さらに細かくすると経験者採用、第二新卒採用など、企業が求める人材によってその基準は違ってきます。しかし、本質的な部分は皆同じです。それは…

 

 

「自分という商品をしっかりと説明できているか」

 

 

 

ここなんですね。自分という商品を客観的な視点からしっかりと面接官に伝えることができるか、そこが大切なんです。今までの自分の経験談やアピールポイントもその補完材料に過ぎません。

 

自分がこれまでどのような環境で生きてきてどのような価値基準で行動してきたのか、その結果として今の自分があるということを、それまでの自分の経験や実績を紹介することで補完しながらしっかりと説明できるかどうかということが大事なのです。要は、「自分という人間をしっかりと自分自身が把握できているか」ということなのです。よく、自己分析が大事だと言われているのもそこに当たります。

 

 

 

多くの求職者が陥るミスと経営者が求めるものとは?

多くの求職者は面接の場を、それまでの自分の実績をアピールする場であると思っています。そのため、自分を大きく見せようとし、それまで上げてきた実績や役職を盛ることに注力しているケースが多いのです。しかし、経営者や人事担当者が求めているのは、

 

 

頑張ってきた人ではなく、これから頑張ることの出来る人

 

であるということを忘れてはなりません。等身大の自分自身をしっかりと説明し、入社後はしっかりと頑張りたい、ということを素直に伝えることが出来ればそれで十分です。要は、面接官の腑に落ちるかどうか、それが重要なのです。

 

 

「なるほど…そういうことか」

 

 

と納得してもらえなければなりません。上手く自分を取り繕う事に必死になり、話の辻褄が合わなくなったり、自己アピールに現実味を感じさせることが出来なくなったらそれは大きな失敗です。私もウィル・スキル・アソシエイトへは完全に未経験で入社しましたが、当時、自分の長所や短所を正直に話し、素直な気持ちで「頑張りたい」という気持ちを話したことを今でもよく覚えています。後から聞いた話ですが、その時の熱意を評価され内定を貰えたということを採用担当者から聞かされました。

 

 

 

求められているレベルは高くはない?

 「でもなぁ、中途採用だとやっぱり即戦力が求められるんですよね…」

 

 

そんな声が聞こえてきそうですね(笑)。安心してください。そんなことはありません。例えば、中小のベンチャー企業での採用面接の場合、今まで皆さんが上げてきた実績はそこまで大差はありません。海千山千のビジネス現場に揉まれてきた経営者にとって、求職者が今まで残してきた実績が採用の決め手になるということはほぼありません。無論、そのポストで絶対に必要となる技術や資格がある場合は別ですが、多くの場合はそこまで必要ではありません。考えてもみて下さい。例え前職と同じ職種でも実務の現場における仕事の進め方は会社によって全く違います。書類の書き方、からFAXの送り方に至るまで教えてもらわなければならないでしょう。入社していきなり活躍できる、文字通りの「即戦力」など存在しないのです。大切なのは、入社後に教えられたことを素直に吸収し、成長していける素質と、その意思(つまりはやる気)があるかどうかということ、それを忘れないで下さい。今までフリーターやニートの経験しかないという方も、臆することなく是非トライしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

まとめ

如何でしょう。今回、初めて面接に関する記事を書いてみましたが、このテーマについてはこれからも紹介していきたいと思います。皆さんが一番気になる、面接のポイントについても紹介していきます。やはり、内定をもらえるような受け答えや切り返し方については一番気になるところだと思います。小手先のテクニックに走ることは推奨はできませんが、そういった内容も今後載せていきたいと思いますので、是非、よろしくお願いします。それでは、またお会いしましょう!

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>