営業職

最も成功するために必要で明確にしておきたいこと

成長

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

最も成功するために必要で明確にしておきたいことは何でしょうか?

挑戦的なタイトル、ですが、こういう話になると多くの人がこういうでしょう。

「目標」とか「ほしいもの」、「なりたい理想像」などなど。

 

どれも正解だと思います。

 

もしくは、そこに至るための「手段」「方法」あるいは「ノウハウ」など。

これも間違いではありません。

 

ある人はこんな風にも言う事が出来ると思われるでしょう。

それは「期限を切ること」で「いつやるか?」の決定だと。

 

がしかし、今日はそれではないのです。

では一体何なのでしょうか?

答えは、「目的」を明確にすること

「理由」「意義」といってもいいかも知れませんね。

私のセミナーに来られる方ならよくご存じだと思いますが、

「目的」なぜ、なんのために?を明確にすることなんです。

w621_5ee034d020fafe21c0e9bad9d2d8a524

なんで、それをやるの?なぜそれがやりたい?そういったことを考えることで、その目標はコミットしてるかどうかが、よくわかるんです。

 

ですから、もしあなたが、成功した成果を出したいのであれば、

その目標ばかり追うんじゃなく、目的意識も持って動いてみてはいかがでしょうか?

 

変わってきますよ。色々と。

逆に、物事が長続きしない方や、途中で挫折する方、諦める方はすべて、この「目的意識」が薄いように感じてしまいます。

 

目的意識は立ち戻る場所になる

この目的意識と言うのは、しっかり作っておけば「立ち戻れる場所」にもなります。

これがあると、「そもそもなんでここまでやってたんだっけ?」と考えた時にも、戻る事が出来ます。

また、「もうやらなくてもいいんじゃない?」と投げやりになったときにも、「初心を思い出す」事さえできれば、

途中で戻る事も出来ます。

 

個人の目的意識は、会社の経営理念やクレドに近い

会社経営においても、経営理念やクレド、その他ビジョンやミッションなど、似た言葉は多いのですが、

会社にとって、こう言ったものが決まってない場合は、どういうたち振る舞いがふさわしいか、困った時に一体どう考えたらいいのかわからない、なんて言う事にもなってしまいます。

そうならないようにも、会社の存在意義、行動する基準を決めていくために、こういった経営理念、クレドの策定を行います。

当社でも、年間数件、理念の構築やクレド策定のお手伝いをすることがありますが、ほぼほぼ100%、経営理念とクレド作成後は業績が伸びています

個人であっても、目標設定の際に、目的も合わせて考えてみると、いい結果が出ています。

 

それはなぜか?というと、策定した後は、考えがまとまり、余計な事を考えなくなるというメリットがあるからです。

なので、意識、モチベーションがそこに集中しやすくなる、という事が明確なメリットになる、というわけです。

 

終わりに

今日は、個人の目的の明確化は企業でも理念を考えていくことが大事だという事を書かせて頂きました。

根幹の考え方を明確にするという事をつまりはお伝えしていたのですが、このように、何のために、なぜ?を考えるのは、企業でも、個人でも非常に業績向上においては大事であるというわけなんですね。

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>