書評:私が気になったビジネス本をご紹介

書評:財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方

WSAブログ

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方

 

5段階評価 ★★★★☆ 4

決算書を読めない経営層に対して、おおまかな経営数字を読んで財務状態を把握しよう、というのが同書の趣旨です。

経営していてても、中小企業であれば、キャッシュフロー計算書は使わないし、損益計算書(PL)はともかく、貸借対照表(BS)やキャッシュフロー計算書(CS)については会社員の方であればイメージがわかないと思います。

超初心者であれば、同書であったとしてもまだまだ理解しづらい点は多いかと思われます。

なので、一度何かで最低限度の知識をつけておかれることをお勧めします。

ただ、本文中にもありますが、

財務分析をして見えてくるのは実は「経営者の意思」

これは本当に真実だと思います。

特にBSを見ればそれはよくわかりますね。

 

竹内的本書のポイント

074d8269b87a3b19f35ce6d9ba0213d7

■お金を集める→何かに投資する→利益をあげる

■4つの数字に着目する

資金調達

レバレッジ比率=他人資本÷自己資本

資産を売上に変える

総資本回転率=売上高÷総資本

売上を利益に変える

当期純利益率=当期純利益÷売上高

ROE=当期純利益÷自己資本

■まず最初に「利益剰余金」と「有利子負債」をチェックしよう。一般的に優良会社は利益剰余金が積み上がっていて、有利子負債も少ない

■現金商売の業種では、売掛金が少ないため「流動比率100%未満」の会社がたくさんある。財務分析の解説では「流動比率100%未満は危険」とされるが解説を鵜呑みにしてはならない

■有利子負債が多い会社が悪い会社とは限らない。借入金を利用して事業を拡大している会社の経営指標は良くない数値になりがち

キャッシュフローとBSの関係に注意しよう。疑問に感じたら実際のCSに戻って

■財務諸表だけから粉飾決算を見抜くのはなかなか難しい

■総合商社は「投資家」の視点でビジネスを行っている。

■財務分析をして見えてくるのは実は「経営者の意思」

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>