営業職

書評:「100億円稼ぐ人の思考法」を読みました。

41yRbGrklOL._SX337_BO1,204,203,200_

 

おはようございます。

営業コンサル竹内です。

本日は書評を紹介させて頂きます(^^)

 

41yRbGrklOL._SX337_BO1,204,203,200_

 

100億円稼ぐ人の思考法 単行本(ソフトカバー) 2013/5/18

稲積 サナエ (著)

http://goo.gl/zctpzL

 


 

 

私の5段階評価 ★★★☆☆ 3

 

100億稼ぐ、というタイトルなので、男性向けで男性の本かと思ったら

女性の本でした。

 

が内容としては、

どちらかというと啓発書で、

具体的な戦略や戦術、マーケットの見つけ方などは

あまり参考にはなりませんでした。

 

ただ、100億という売り上げに関しては、

爆発的ヒット商品が1つでも誕生したら

達成できる1つの単位という認識ができました。

 

 


 

<竹内的本書のポイント>

 

■脳を喜ばせること

■夢に名前をつける

■24時間365日夢を呼び続ける

■最悪の事態を笑顔で迎える

■危険を愛する

■自分の能力をさっさと見限る

■人のスキルは自分のもの。自分のスキルは人のもの

■思考を借りてくる

■人の親切にホイホイ乗る

■置かれた場所に宝はある

■正しい答えが出ないのは正しい質問をしていないから

■ミッションが人を引き寄せる

■成功の種は限界の外側にしかない

■論理から突き抜けた成果は生まれない

■人の心は喜びよりも恐怖に支配される

■他人の許可はいらない

■苦難はひとまわり大きな自分が受け止めてくれる

■人生におおいに期待せよ

■常識の中にある非常識を拾え

■脳は上書き保存する

■自分の世界は自分の言葉で作られる

■夢は最高の娯楽

■成功という名の未来は悪魔の顔をしている

■覚悟のラインを最大まで高めよ

■すべての偶然は必然に変えられる

■正直こそ100億の価値

■目の前の仕事に集中する

■納得いくまで何度でも何度でも尋ねる

■新しさは既存のものから生まれる

■イチローにゴルフをさせるな

■どんなに成功しても決しておごり、たかぶらない

 

 


 

 

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、

マーケティング、経営、マネジメントなど

人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

 

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

 

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆

今日もありがとうございました。

また明日、書評をご紹介させて頂きます。

 

 

41yRbGrklOL._SX337_BO1,204,203,200_

 


新規 Microsoft Office PowerPoint プレゼンテーション

もしあなたが・・・

■営業に発破をかけても成果が出てこない

■営業マネジメントに限界を感じている

■自社の営業管理職が育っていない

■次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

■マネジメントがうまくいっていない

■働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

■継続的に成果をあげる組織を作りたい

で悩んでおられるようでしたら、

このメール講座で、基礎を学んでみましょう。

私が実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に

行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

 

<配信内容>

第1回 売れない営業チームの習慣とは?

第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

第11回 チームマネジメントを伝承する

 

下記のフォーム↓より申し込まれますとメール講座が始まります(は必須項目)

 

 

ぜひご活用ください!!

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>