営業職

書評:「吉田松陰語録ー運命を動かせ」を読みました。

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

心に刺さる名言、心の琴線に触れる言葉、あなたにもいくつかあると思いますが、

こういった事を考える時に思うのが「言葉とは力である」という事です。

言葉が言語化され、文書になり、それを見ることで力が湧いてきます。

1万冊の本、まで私もまだまだ遠いですが、やる気になりますね。

 

本日もお勧めの本を紹介しますが・・

 

普段とは違って、名言紹介に近い内容となっています。

皆さんも読んでみて心にとどめてみるのはどうですか??

ダウンロード (10)

 

超訳 吉田松陰語録ー運命を動かせ

齋藤孝   (著)

 


 

 

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

 

吉田松陰の30年間の中での言葉、名言が多く掲載されています。

 

時代の変革者として、さまざまな思い、考えを持たれていたのだと

思いますが、今の時代でもこの思考、考え方は

極めて大事だと思います。

 

特に印象に残ったのが、

  • 「やる気のある人間に援助を惜しむな」
  • 「言うべきことは言い、やるべきことはやる」
  • 「一万冊の本を読破せよ」
  • 「船が沈むに任せてはいけない」
  • 「才能を活用する才能を持て」

 

一読の価値のある書です。

 


 

<竹内的本書のポイント>

■心は小さく、肝は大きく

■言うべきことは言い、やるべきことはやる

■国のことを知らないのは恥

■自分の言葉で語る

■天命に身を任せる

■船が沈むに任せてはいけない

■大切なものは自分のなかにある

■果たすべき役割を演じきる

■できないのはやらないだけ

■チャンスを見逃すな

■問題の根本原因に立ち返る

■約束は守ることに意味がある

■やると決めたら、できるまでやる

■脇目もふらず全力で突っ走る

■自分で限界を決めない

■交渉ごとはビビったら負け

■失望しても絶望しない

■いつかではなく、いま学べ

■20代こそ勉強のしどき

■頭より心動かす

■必要なのは 実力よりやる気

■どんなに忙しくても本は読める

■一万冊の本を読破せよ

■学びをワザ化する

■学びを空論には終わらせない

■いいところを伸ばす

■強い意志で人を引っ張る

■大きな仕事を任せる

■褒めて育てる、競わせて育てる

■才能を活用する才能を持て

■やる気のある人間に援助を惜しむな

■志は伝えていくもの

 

 

ダウンロード (10)

 

超訳 吉田松陰語録ー運命を動かせ


合わせて読む

大損社長日記─元“マネ虎”経営者が100億円損して悪戦苦闘する大言壮語録

 「小さな会社の稼ぐ技術」をご献本頂きました

英国超一級リーダーシップの教科書

 限界はあなたの頭の中にしかない

 

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、

マーケティング、経営、マネジメントなど

人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆

今日もありがとうございました。

 

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>