マーケティング

新しいものを市場に広めるために考える5つのポイント

新しいものを市場に広めるために考える5つのポイント

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 前原です。

 

毎年、その年をいろいろなヒット商品が登場します。

経済誌でも特集が組まれますが、それを見ると、その年の流行や世相が反映されていることが垣間見えます。

そこに取り上げられるような製品サービスは、社会現象にまでなったヒット商品ですが、それは多くの人に受け入れられた結果ともいます。

ただし、いきなりヒットになるわけではなく、新しい人、興味のない層にまで広まるにはいくつかの段階があります。

今回はそれをご紹介していきたいと思います。

 

イノベーター理論

マーケティングの考え方の一つで、新しいものが受け入れる順に顧客層を5つに分類し考察したもののことです。

 

新しい製品・サービスの普及を考えた時。一部の人だけに受け入れられてもそれだけではヒットとはなりません。

ターゲットの各段階に合わせたマーケティングをすることが重要です。

 

イノベーター理論の5つの段階

 

 


・イノベーター(Innovators:革新者)

冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。

 

・アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用層):

流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。

 

・アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随層):

比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

 

・レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随層):

比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズと

も呼ばれる。市場全体の34.0%。

 

・ラガード(Laggards:遅滞層):

最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

 

キャズム

新しい製品・サービスは上記の図の右から左に広まっていくのですが、アーリーアダプタと、アーリーマジョリティの間には、キャズムと呼ばれる大きな溝があります。

この溝は図の左右でニーズが異なることを表しています。

他の人がまだ使っていない新しいものを使いたい人、みんなが使っているものに安心感を感じて使いたい人、購入動機は全く違うため、この溝をなかなか超えることができません。

そうなると新しい製品・サービスは浸透せず、成熟期を迎える前に市場から消えてしまう、ということになります。

 

例えば、PCやスマートフォンで大きなシェアを誇っている企業が、スマートウォッチに参入した際、普及率がなかなか拡大していない、といった話があります。

スマホとの連携やメッセージの確認等でメリットを感じているユーザーがいる反面、充電の手間やビジネス上で見た目などを意識して従来の時計を使用する人も多くおり、キャズムを超えられていない1例ではないでしょうか。

 

これを超えるためには、階層に合わせたターゲットに寄り添ったアプローチが必要になってきます。

インフルエンサー、アンバサダーなどがその例と言えます。

 

 

 

まとめ

イノベーター理論では、新しいものを受け入れやすい順に顧客層を5つに分けています。

新しいもの好き、実用重視で、保守派、新製品が苦手な人。

そしてが広げていくための障害となるキャズムを、ターケットへのアプローチでいかに超えていくか、新しい製品・サービスのヒットには大きなポイントとなっていきます。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください