人事評価・賃金

本当の成果主義は結果だけで判断しない、という事実

本当の成果主義は結果だけで判断しない!?

本当の成果主義は結果だけで判断しない!?

ウィルスキルアソシエイト人事コンサルタント 近藤知栄

みなさんこんにちは!

ウィルスキルアソシエイトの人事コンサルタント、近藤知栄です。

今回は、日本の人事管理の特徴について紹介します。

日本で年功序列賃金制が発達した背景とは

日本

日本企業では一般的に長く企業に定着するって言いますよね。

欧米ではスキルアップして職場を移動する人が多いですが、日本の様に新卒で入った会社に定着するというのは珍しいんですね。

それでは、日本の企業が従業員を定着させるために行ってきた施策について賃金の面から紹介しますね。

一番代表的なのは、若い社員に対しては生産性以下の賃金に抑え中高年になった後は生産性以上の賃金を支払う方法です。

これは賃金プロファイルと呼ばれ、働き手にとって都合の良い制度になっています。

若い頃は低い賃金で暮らすことができても、家庭ができて子供も大きくなった頃の方が色々とお金がかかりますよね。

そのライフスタイルに最も適した制度だったんです。

会社に賃金を預けているイメージですね。

体力に自信のない中高年になった時に生産性以上の賃金をもらえることはとても有難いですよね。

所謂、年功序列賃金制と言われています。

こうして職場に定着した働き手はスキルアップして様々な面で活躍してくれます。

この制度は大正時代から始まり高度成長期に一気に広まりましたが製造業が中心だった当時の日本ではすごくマッチしたものでした。

しかし、時代が変わり成果主義賃金制度が日本でも

労働環境

産業構造が変化し製造業からサービス業へと転換しました。

又、持続的な経済成長が望めない現在、企業がどのようにして従業員の処遇、特に賃金について決定していくかは極めて重大なテーマです。

現在の日本の法律では、一度上げた賃金水準を下げる事(不利益変更)をすることは極めて困難なのです。

そこで、2000年代に成果主義賃金制度を採用する企業が増えました。

つまり、

個人に内在した能力で賃金を決めるのではなく、出した結果で賃金を決めよう

という動きです。

「個人に内在した能力」とは年齢のことです。社歴が長くなれば様々な仕事を出来るようになっているだろうと考えられていたのです。

多くの企業は成果主義賃金制度を、単に賃金を抑制するための手段として採用しました。

現状:多くの企業では失敗している

賃金

しかし、多くの企業では失敗しています。

成果の評価するのも単に結果を見るだけで、それまでのプロセスを無視したものが多かったのです。

当然、そうなると従業員の不満は溜まり、やる気も失われます。

しかし、本当の成果主義とは、プロセスから結果までを客観的にすることです。

又、単に査定のための手段ではなく、人材育成も兼ねたものでなければなりません。

いかがでしたでしょう?

イメージのあまり良くないかもしれない成果主義賃金制度ですが、しっかりと運用すれば、従業員の成長やモチベーションアップにとても役立ちます。

これから、成果主義賃金制度を導入することを支援する助成金も出てくるようなので、興味ある事業主様は一度検討されてはいかがでしょうか?

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>