経営者

成功につながるための非認知的能力とは

皆様、こんにちは。ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の江熊です。

仕事ができる、できない。あるいは、勉強ができる、できない、という基準は、成績や学力、IQ、偏差値等、数値化できる、いわゆる認知的能力が重視されてきました。

従来の人材育成や教育はこの認知的能力を高める事を重要視してきましたが、近年ではこの認知的能力のベースとなる能力、非認知的能力の重要性が叫ばれています。

非認知的能力とは

非認知的能力とは、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力等で、

さらに具体的には、やりぬく力、好奇心、自制心、楽観的な物の見方、誠実さ等があげられます。

もともとこれらの力は性格的なもの、メンタルの強さ等でとらえられており、個人の努力や生得的なものによって身につける、あるいは、もともと身についているというイメージもありましたが、教育や人材育成の目的として、目に見える認知的能力だけではなく、この様な非認知的能力を上げる重要性や必要性が高まってきています。

しかし、どのようにしてこの「目に見えない」能力育まれていくのでしょうか。

非認知的能力の育まれるプロセス

この非認知的能力については、幼児期の体験が大きな影響を与えると言われています。家族機能の不全やネグレクト等の虐待ももちろんそれらの能力に影響を与えますが、例えば、親が子どもにあまり反応せず、関心を示さないで、きちんとむきあってやりとりをしない、といった事も影響してくると言われています。

幼い時期に慢性的にストレスにさらされてきた子どもは、小さな挫折でも圧倒的な敗北と感じ、少し軽く扱われただけでも、人と深刻な対立に陥る傾向がある等、失望と不満におりあいをつける力や他者とうまく付き合う力等の面で大きな影響を与えられてしまいます。

先述のやりぬく力、好奇心、自制心、楽観的な物の見方、誠実さ等は、当人の自律性、有能感、人との関係性といった主観と関わっており、どのような刺激、あるいは経験に対してどのような感情を抱くか、という事は、幼児期の体験によってそのベースが作られているといって良いかと思います。

何か子どもが不適切な行動をした時、一方的にしかりつけたりして、過度なストレスを与えるのではなく、なぜその行動や事象が良いのか悪いのか、きちんと説明したり、話合ったりする事が重要となります。

ちなみに親が時々子どもに関心を払わない事は、子どもが常に親の中心にいるわけでないと知り、自分一人で楽しもうとするので、逆にポジティブな影響を与えると言われています。

と言えども、歳をとってから、あるいは大人になってからでも、教育や人材育成等により、非認知的能力を高める事は無理ではありません。

教育等で非認知的能力を高めるためには

非認知的能力を高めるために重要な4つのマインドセットがあります。

  1. 私はこの組織に所属している。
  2. 私の能力は努力によって伸びる。
  3. 私はこれを成功させることができる。
  4. この勉強は私にとって価値がある。

会社においては、この様に社員一人一人が感じられる様なコミュニケーションであったり、システムの構築、あるいは、教育やキャリアコンサルティング、カウンセリング等の手段を取る事が、社員の非認知的能力を上げていくために必要となってきます。

さいごに

この様な仕組みづくりは経営陣や組織全体が意思を持って意図的に作る必要がありまず。人材育成の面において、非認知的能力を上げるような取り組みのサポートも行って参れれば幸いです。

参考文献:ポール・タフ「私たちは子どもに何ができるのか 非認知的能力を育み、格差に挑む」

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください