営業ノウハウ

意見や考え方を伝えるとき、最も大切なことは〇〇です。

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内です。

私がコンサルティングや営業指導等でお仕事をさせて頂く際に

よく直面するパターンはこのような状態です。

  • 意見を言えない…
  • どう伝えればいいかわからない…
  • 説明ができない…
  • プレゼンはしているけど、売れない…

 

 

なぜ、このような事が起こってしまうのか?

これを解消したいけど、中々できない…という事は実際問題極めて多いです。

中小企業で働いていたりすると、教えてくれる人がいない、などと言う事で、私どものセミナーの参加者の方はよく聞くのですが、今回はシンプルに伝えてみます。

ただ、これだけではないという事は理解下さいね。

 

あくまでも、「これが不足している」という1点に絞ってご紹介をします。

 

本日、お伝えする内容はこちらの回答です

「意見や考え方を伝えるとき、最も大切なことは〇〇です。」

では、さっそくこの〇〇の答えを紹介しましょう。

 

突然ですが質問です・・・

 

あなたは、自信を持って、意見や考え方を言い切れますか?

1424653448db0b12df20e78b8e96e9002437f56e6a

 

要は、端的に徹頭徹尾、言いきっていますか?という事です。

これが多くの場合出来ていないのです。

でもこれってよく考えてみて下さい。

逆に、あなたが知りたい事、聴きたい事、疑問に思った事についての回答が、

言い切ってもらえないことに対して興味を持つでしょうか?

 

短く話をまとめ、ストーリー仕立てにし分かりやすい展開を考え、メリットを上手に分解し、たとえ話を入れた素晴らしい文章を考えたとしても、

もっとも大事なのは、「言い切る」事です。

 

多くの場合、このような伝え方になっているケースが非常に多いのです。

  • 「~かも知れないし、××かも知れません」
  • 「~だとは思いますが…」
  • 「~と考えられますね」

 

このような言い方は、私は違和感しか覚えないですね。

 

言い切れない人は、トップセールスマンにはなれません。

私は、これで実は営業を始めた初期は全く売れなかったんです…

 

「~と思う」「~だと思うんですが」ではなく

「~です」「~だ」という言い切り型で終わらせる事です。

 

 言いきるのがなぜ難しいのか?

言いきるのには、リスクがあるからです。

「もし間違っていたらどうしよう?」という迷いや、「もしこれで何か言われたら面倒だ」

といった不安が常につきまとうからです。

でも、たいていの場合は、そこまで考えなくても大丈夫であることも多いのです。

 

言い切りには力がある

言い切る=言葉に力が宿る、と私は考えています。

例えばですが、下記の2名ですと、どちらが目標達成しそうですか?

 

  • A「私の今月の目標は●●です!必ず●日までに達成します!」
  • B「私の、目標や、たぶん●●だったと思います。月末までには何とかなると思います」

 

どちらがいいでしょうか?

気持ちよく受け取れるのはAさんですよね?

 

このように言い切る事で力を感じるのが言葉なのです。

 

まとめ

言い切る事が、しっかりと相手に伝えるためには欠かせませんし、

言い切れない言葉は、人の心に刺さらないという事です。

 

 stk29505bil

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>