営業職

「忙しい」と簡単に言いがちなあなたに贈る一つの考え方

忙しい

「忙しい」と簡単に言いがちなあなたに贈る一つの考え方

営業組織コンサルタント 竹内慎也

今日は「「忙しい」と簡単に言いがちなあなたに贈る一つの考え方」という事で、ついつい忙しいが口癖になっている方は多いと思います。

起業して3年位の私もそうでしたが、余裕がなくなっていく時期でもあったりしますし、営業職でしたら、売れれば売れるほど、忙しくなってくるんです。

はじめに

項目

営業職でも、マネジャー職でも、経営者でも、職人でも、いらっしゃると思うんですね。

いつも「忙しい」「忙しい」ってなってしまうのはよくよく分かります。

私もそうでしたので。笑

もちろん今の私も、「忙しいかそうでないか」というと「忙しい」部類には入るでしょうが、想像以上ではないかも知れません。

それはひとえに、今日ご紹介する考え方が根底にあるからなんですが、今日はその考え方についてご紹介しますね。

■忙しいのはいいこと?悪いこと?

この質問ですが、どちらでしょうか?

こう聴かれると、多くの人はこう答えます。

「忙しいのはいいこと」だと。

でも、それを本当に、自分の言葉にしていますか?

私は、「忙しいのは建前上、いいとは思っているけど、実はそれは仕事ができない状況だ」と考えています。

その考えを言うと、「ストイックですねー」などと言われる事も実は非常に多かったりはするのですが…笑

まあ、ここで1つ思うのは、「本当に忙しいのはいいことか?」とある意味クリティカルに考えてみることです。

■忙しいとはどういう状況を指すか?

忙しいってどういう状況の事を指すのでしょうか?

これは「仕事が多い」という事でもあります。

ですからあなたも忙しい=いいことと思っているわけです。

それはそうだと思います。

経営者なら会社が仕事にあふれ、管理職も、部下の案件が増えている証左ですし、営業でしたら、獲得件数がどんどん増えている状態だというわけです。

しかし、それだけだともったいない。

それは一体どういう事でしょうか?

私はこのように定義をしているんです。

■忙しい=さらに上にいくためのステップ

忙しいというのは、自分のキャパシティを超えているかも知れません。

という意味でいえば、答えは1つ導けます。

自己成長、つまり、「忙しい」=「自分の能力、業務速度アップのタイミング」であるという事です。

そして、あなたの限界を突破出来る時が来たわけです。

このように、忙しいことを自己成長機会と捉えて欲しいなと思います。

■自己成長のみならず次は組織成長がカギとなる。

さらに、自己成長のみならず、あなたがもし、経営者やマネジャーだったら、次の後継者を育てていくタイミングに差し掛かりました。

なので、あなたが限界突破していくにも、自己成長に加え、組織成長をしていく必要が出てくる、というわけです。

このステージのベンチャー企業様を私も支援することが多く、また、自社もこのステージに今差し掛かっておりますが、どんどん任せていくこと、そして、「任せられる人材を育てること」、「適材適所」といった組織全体の成長が問われるステージが来た、という事なんですね。

まとめ

人材育成

忙しい=仕事が儲かっていいこと=さらなる自己成長のタイミング

忙しい=権限委譲のタイミング=さらなる会社成長のタイミング

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>