管理職

部下の能力のリミッターを外す指導法とは?

WSAブログ

「本気を出さない、あるいは出してなさそうに見える、部下、後輩の能力のリミッターを外す指導法とは一体何か?」

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

今日は、部下に全力で仕事をしてもらう方法、について今回ご紹介をしていきます。

 

lgf01a201404250700

 

人は、そもそも自分の限界を勝手に決めてしまいがちです。

が、他者と比べて圧倒的な成果を出せる人もいます。

その違いとは一体何なのでしょうか?

コンフォートゾーン(快適ゾーン)が邪魔をしている

これは一体何が関係しているかといえば、人には「コンフォートゾーン」という快適領域がありまして、

そのゾーンより上は「しんどい」し、下は「なまけてる」となる境があります。

この境界が曲者で、このせいで、頑張りすぎる事を抑制させようとし、さぼっている状態から、ある程度頑張ろうという気持にさせます。

 

これを、突破させればいいわけです。

「え?そんなの難しいじゃないですか?」というお声が聞こえてきそうですが、実はわりとシンプルです。

実際、これはいいかえると、当たり前レベルの差、であったりするのですが、その当たり前レベルの差は、人と人で紙一重だったりします。

 

ですので、ここでは、非常に簡単な方法をご紹介しますね。

 

 

ポイント1:99%で終わらせず、100%を常に問いかける

gatag-00001089

まず、これをチェック下さい。

 

残りを絶対残させないようにまず指導出来ていますか?

 

このたった1のこだわりが、コンフォートゾーンを押し上げる効果があります。

しかし、ここにこだわれないようでしたら、大した成果が出る事はない、と断言できます。

 

それが、人の限界を振りきるヒントになります。

微差は大差になる、というわけです。

 

ポイント2:差を生むのは、才能よりも努力だと言う事を徹底する

8137620948_2f09a10ab0_b

才能があれば、そこそこ出来てしまいますが、残念ながらリミッターをはずす体験は無理でしょう。

しかし、才能があり、努力ができたら、人の数倍上の成果を残す事はできます。

あともう1点、才能とは努力が開花させる要素があるのです。

 

ですから、

 

努力なしに才能は開花しない、

 

という事を教育の根底において下さい。

それが、人の限界を振りきるヒントになります。

 

努力するから能力は伸び、それが結果をもたらすという当たり前のことを徹底する。

そのためには、指導者であるあなたが

徹頭徹尾言い切ること

これが問われています。

 

ポイント3:とにかくバカになれ

4473954421_70b4a34d4a

 

ここでご質問ですが、「あなたはバカになったことありますか?」

ここでいうバカとは、リミッターを振り切った状態をイメージして下さい。

1回位は何か経験があると言う方は意外と多いのですが、ありませんでしたか?

例えば、「徹夜でゲームをして次の日に1時間睡眠で仕事をした」とか、「契約は取れなかったけど300件飛び込みをした」など何でもいいんです。

 

リミッターを振りきれない人は、いい意味で馬鹿になったことがない、という事でもあります。

なので、

 

普段からある意味で「馬鹿になれ」という事を教え、

そして見せる事です。

 

そして、それは見せ続けなければいけないのですが、

見せ続けていく事で、それは、部下に伝わり、部下に伝染し、

部下は徐々にリミットを越える働きをするようになります。

 

終わりに

1423273654Kjzgr38wHhNyaPs1

最後に、もう1点。

リミットを振りきるためには、コーチングが有効です。

そのかわり、その業務を熟知しているコーチをつけることが大事ですね。

 

これは私が体験して思った事です

今日は簡単な内容だけご紹介をしました。

 

以上参考にして下さいね。

 

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>