書評:私が気になったビジネス本をご紹介

店長のためのインバスケット・トレーニング

ダウンロード

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

店長になって活躍できるヒト、そうでない人がいます。

これはなぜかというと、意思決定のレベルが上がっているからです。

そういった事にどれだけ気付けるかで、単なる職人から、管理者、トップマネジメントへと成長出来ると思います。

 

今回は「店長のためのインバスケット・トレーニング」という本をご紹介させて頂きます。

 

ダウンロード

店長のためのインバスケット・トレーニング
鳥原 隆志  (著)
http://goo.gl/zLVq4q


私の5段階評価 ★★★★☆ 4

店長に特化したインバスケット思考の書。
店長に起こり得そうなイベントを解決していくのが
非常に面白い1冊です。

どういう店長であるべきか、という
リーダーシップを体感できます。


<本書のポイント>

■お店を枯らす店長の共通点
休みが十分に取れない
やらされ感を持っている
アルバイトのリーダー的存在である
何度も同じトラブルが起きる
店長と呼ばれることが目的

■インバスケットの効果
優先順位設定力が向上する
本質的な問題解決力がつく
洞察力が身につく
自分の判断に自信がつく

■従業員の動線を観察して改善に努めてますか?
■ワンウェイコントロールはできていますか?
■利益を稼いでいる上位5つの商品を知っていますか?
■適正な利益率を保つためのコントロールは行っていますか?
来店されているお客様がどのような生活をしているか知っていますか?
近所から来ているスタッフに自店の感想を聞いたことがありますか
不測の状況時の対応チェックリストやマニュアルはできていますか
店舗の利益よりも顧客や従業員の安全を第一としてスタッフに教育できていますか?
■商品ではなくシーンを提案して販売していますか?
■あなたのお店にはどのお店にも負けない、お客様を引き付ける商品やサービスはありますか?
■関連販売や衝動買いなと点数を上げる工夫をしていますか?


ダウンロード
店長のためのインバスケット・トレーニング
鳥原 隆志  (著)
http://goo.gl/zLVq4q

 

▼合わせて読む

・「仕事を任せる」インバスケット法・

・いまから、君が社長をしなさい。 経営思考を身につけるインバスケット・トレーニング・

・一流企業の昇格試験に使われているインバスケットトレーニングとは!?・

・書評:一瞬の判断力があなたを変えるインバスケット思考2・


私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、
マーケティング、経営、マネジメントなど
人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆
今日もありがとうございました。

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>