書評:私が気になったビジネス本をご紹介

年収1億円を生む60の法則とは?

ダウンロード (2)

 

おはようございます!

本日も午前7:00に更新させて頂きましたWSA

 

今回は年収1億円を生む60の法則を紹介している本を読んでみましたので、

その感想と要点をお伝えしようと思います。

 

年収1億円を生む法則

気になりませんか?

ではさっそくどうぞ!!

 


ダウンロード (2)

 

プロフェッショナル ミリオネア─ 年収1億を生む60の黄金則

江上 治 (著)

http://goo.gl/veZfjP

 


 

 

私の5段階評価 ★★★★★ 5

 

年収1億円の思考、考え方を、実際に1億円以上ある顧客との対話を通じて

60項目にまとめている書籍です。

 

本自体は読みやすく、構成もわかりやすいです。

 

成長したい、今より稼ぎたい、そのための思考は、発想は?、人脈はどうか?

といったことを学べる本です。

 

実際、同書にもある「失敗がどれだけあるか、人生の早い段階での失敗があるか」

例えばこういうことは、今からどうすることもできないこともあると思いますが、

そういう見方よりも、1行1区をしっかり落とし込むことが必要だと思います。

 

人脈のメンテナンスや、ブレーン、パートナーなど、人の部分が特に私は共感しました。

 


<本書のポイント>

a0001_007820-thumbnail2

■行動の結果でしか人は変われないと知っているか

■失敗がどれだけあるか、人生の早い段階での失敗があるか

■人生は偶然で成り立っていることを知っているか

■素直なだけでなく察することができるか

■成果が出たとき自分で成果を喧伝していないか

■不運な目に遭っても自分のせいだったと思えるか

■逆境にあっても不快を快に変えられるか

■たかが年収数千万円の小さな成功で満足していないか

■何を買うかよりも何のために買うかを大切にしているか

■一流の人から学ぶ、吸収する体験をしているか

■つねに自分より優れた人間とつき合う努力をしているか

■自分を豊かにする、成長させる人脈があるか

■身銭を切って一流のものに触れているか

■不得意分野、弱点は人でしか補えないことを知っているか

■具体的エピソードを語れるか、本質を突いた一言を言えるか

■強みを徹底的に絞りこみ、強みに集中しているか

■人からいい人と思われたがっていないか

■らしさはあるか、らしさを生かせているか

■会社のブランドや肩書きを振りかざしていないか

■突き抜けた成果を出した、勲章をとった体験があるか

■マニュアルに頼って、マニュアルで売ろうとしていないか

■リサーチしているか、仕込みの時間をとっているか

■自分を落とすことができるか、バカになりきれているか

■失敗を含め自分をさらけ出しているか

■会社のお金、経費を使うことを当然と思っていないか

■すすめられたことをすぐに試す素直さがあるか

■利益を見せるだけでなく大義名分を立ててやれるか

■未来を示すことができるか、志を語ることができるか

■打算で人生を考えていないか、つねに計算していないか

■会社の肩書きや過去の実績を捨てられるか

■周りから嫌われることを恐れていないか

■戦略とは捨てると同義であると知っているか

■受ける度胸があるか、とっさの決断ができるか

■何が正しいかでなく、何が大事かで考えているか

■浮き足立っているときに、とめてくれる人がいるか

■信頼できるパートナーやブレーンがいるか

■自分は人に恵まれている、導かれていると言えるか

■人と比べない自分でいられるか、最後は自分との戦いと知っているか

■黒でも白でもなく、グレーゾーンをいくバランス感覚はあるか

■私欲と会社の欲、公共の欲のバランスはとれているか

■人に尽くすことで自分も上にいけることを知っているか

■分かち合うことのできる人間が最後には勝つと知っているか

 

 


 

ダウンロード (2)

プロフェッショナル ミリオネア─ 年収1億を生む60の黄金則

江上 治 (著)

http://goo.gl/veZfjP

 


 

 

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、

マーケティング、経営、マネジメントなど

人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

 

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

 

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆

今日もありがとうございました。

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>