書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「小が大を超えるマーケティングの法則」を読んでみて

小さな会社 マーケティング

「小が大を超えるマーケティングの法則」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

小さな会社だと、マーケティングというマーケティング戦略が立っていないケースが非常に多いです。

世間一般のマーケティングのイメージというと、大企業がやっていること、程度の認識ですが、実は、中小なら中小のやり方があります。

それをやっていくかどうかで、企業の命運が決まるといっても過言ではないのです。

本日ご紹介する書籍

小が大を超えるマーケティングの法則

岩崎 邦彦 (著)

http://ur0.work/AhcZ

同書の評価と感想

キャリア・アンカー

5段階評価 ★★★★☆   4

小が大を超えるマーケティングというタイトルで、もっと荒々しい内容をイメージしていたのですが、きわめてわかりやすく、マーケティング初心者でも意味がわかる位まで簡単に書かれています。

価格ではなく価値が重要になっているのは本当に最近よく感じる。

また、トレンドは専門になってきている事もいえており、総合的、または総花的なものは中々難しくなってきている。

ほんもの×きずな×コミュニケーションというコンセプトを書かれていますが、その通りだと思います。

小さな企業は経営資源に恵まれているわけではないので、何かを絞る、というのも、ランチェスター法則などと共通しています。

竹内的本書のポイント

まとめ

■マーケティングは、「価格」の競争ではなく、「価値」をめぐる競争

■トレンド

  • 全国から地域へ
  • 総合から専門へ
  • 画一性から個性へ
  • 量から質へ
  • 無難から本物へ
  • 効率性から感性へ

■小さな店にひかれる人々

  • 本物志向が強い
  • 人的コミュニケーション志向が強い
  • 関係性志向が強い
  • 地元志向が強い
  • 低価格志向ではない

■ほんもの力=個性×こだわり×専門性

  • きずな力=顧客とのきずな×地域とのきずな
  • コミュニケーション力=接遇×情報の受信×情報の発信

■シンボルがある企業ほど好業績

■小さな企業の「3絞り」

  • 商品を絞る
  • 想定ターゲットを絞る
  • 知恵を絞る

■いかに安く売らずに済むかに知恵を絞るべき、値引きをするならおまけをつけろ

■リピート顧客の比率が高い企業ほど業況が良い

顧客とのきずなを大切にしている企業ほど業況が良い

 

 

 

▼合わせて読む

・「マーケティング」を読んで要点をまとめてみました。・

・「小さな会社の稼ぐ技術」をご献本頂きました・

・イマドキのビジネスマネジャーに求められる3つの知識まとめ・

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>