経営者

対面営業の希薄化~浸透してゆくリモート営業~

皆様、こんにちは!
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の叶でございます。

今回ご紹介させて頂きます内容は、「対面営業の希薄化~浸透してゆくリモート営業~」に関してです。皆様にご一読を頂けますと嬉しく思います!

対面営業の希薄化

 従来、営業は対面で行う事が常識化していましたが、オンラインツールが普及してきたことによりその常識が変化しようとしています。

 ひと昔前までは、「営業は足で稼ぐ」や「飛び込みで1日何件回れるか」等、1日かけて移動を伴い営業活動を行う事が当たり前とされていました。

 ですが、今の世の中、逆に「なぜ会いに来て営業をするのか」という点が考えられつつある状況となります。

一度、ZOOM等のオンラインで商談を活用した(お受けになった)方でしたら、お判りになるかと思いますが、移動時間や交通費等も削減する事が出来、時間や費用を気にせずに有意義に行う事が可能です。

ニュースでも以前からよく挙げられていますが、今後オンライン活用が進む事は言うまでもないでしょう。

生産性を上げるための重要ツール

 現在、多くの企業が「人手不足」で頭を抱えています。

コロナウィルス影響による失業の増加等の影響もありまして、いかにその状況で生産性を上げていけるかがどの企業にとっても今後の課題となるでしょう。

 求人に多数応募がある企業ならば良いのでしょうが、しかしながらそういった人材側から応募の多数ある企業だけではありません。

 人手不足の現状でありながらも、生産性は高めていかねばなりません。

そのような中でもリモート(営業)等を上手く駆使することが出来れば、今いる人材で高い成果を出す事も可能となります。

 移動時間の短縮、移動距離の削減、交通費の削減、等々、上げていきますとキリがありません。

いかに有効活用し、労働に活かせるかどうかがどの企業にとっても必要となってくるでしょう。

人手不足の解消にも活用できる

 上記の内容でもご説明は致しましたが、人手不足に関連して、働きたくても働けないという人も多くいる事は事実でしょう。

 例えば、結婚、出産、介護などの理由により長時間勤務ができない人は大勢います。

今までの「決まった時間に決まった場所で」という考え方をリモートワークスタイルに置き換えることで、働きたくても働けなかった人材を確保することができます。

 この様に、時代の流れに臨機応変に対応できるような企業が生き残ることは間違いありません。

Comments

comments

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください