書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「嫌われる男こそ一流」を読んでみて

嫌われる男こそ一流

「嫌われる男こそ一流」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

ダウンロード (24)

嫌われる男こそ一流

里中李生 (著)

http://amzn.to/2gJ3Jle

同書の評価と感想

キャリア・アンカー

私の5段階評価 ★★★★★ 5

著者は、非常に明快な結論の中から、一流の男性像を描いている。

読んでいると、男性として共感する点はかなりあるが、それ以上に、普通の考え方として、「なるほど、これは確かに」と思える点があった。

例えば

学ぶことは本を読むことと、街へ出て経験を積むことだが、もうひとつ大事なことがあって、それがあなたが一番やりたくない、実績のある男や実力のある男を認めることだ

であったり、

生活レベルを下げたくないという強烈な思いはアイデアを生むし仕事に対する熱意を生む

このあたりは全くの同感でもあるし、終始一貫して書かれている、大衆を抜け出す、という事が私もきわめて大事だと思っており、共感できました。

言いたいことをズバズバ著書で表現されているのは、ただただすごい、と思ってしまいました。

竹内的本書のポイント

ラーニング

■難しい女が疲れると感じたら一流

■いますぐ大衆から抜け出せ

大衆が好むものを疑え

■実力のある男を認めることができない二流

■ブームを疑わない男は二流

■お金は貯めるものではなく使うもの

■全身ユニクロでは一流になれない

■若いうちの趣味は害悪でしかない

■我慢して得られる成功などない

■やりたい仕事以外はするな

■あなたは今の仕事を語れるか

■友達は贅肉だ

■成功は笑いとともにある

■男を束縛しない。これは成功者の妻の一番の共通点だ。

■プライドが高い男ほど非成功者と相場が決まっている

■基本的にもちがねなね6割以上は使わない

■お金は神様だと思え

■食事の勉強をしない男は例外なく品格がない

■人間は不平等だからこそ立ち上がる

■人は快楽のために働く時がもっとも底力を発揮する

■天才の条件はまず仕事ができることである

■一流の男はとにかく楽しんでいる

 

ダウンロード (24)

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>