書評:私が気になったビジネス本をご紹介

媚を売らないリーダーになれ!!

WSAブログ

リーダーとして成果を出せるかどうかは、スキルもマインドもありますが、

今日の内容「媚を売るかどうか」という点もあったりしますが、そんな視点は言われてみないと持たない、という事だと思います。

ですので、今日はそのことについてご紹介をします。

 

150702boost_confidence-thumb-640x360-88288

媚を売らないリーダーになれ!!

 

確かに”媚びを売る”って大切です。

特に若いビジネスマンは媚びを売るのが上手なら先輩から好かれたりしますよね。

しかし、あなたの尊敬するリーダー的な存在の人は媚びをおそらく売っていないと思います。

想像してみてください。媚びを売っているリーダーを・・・・

 

 

 

尊敬しないですよね。

そんなリーダーの人に後輩は付いてきません。

 

媚を売らないリーダーになれ!!

これに尽きます。

では、詳しい内容に移っていきましょう。

 

 


  媚びないリーダーについての参考にした本

51f1UzPjbkL._SX338_BO1,204,203,200_
媚びないリーダーは人を動かす
早川 勝 (著), 小澤千春 (著)

http://amzn.to/2gGzvkp


本の内容とは

a0001_007820-thumbnail2

 

こびないリーダーが人を育て、組織を大きくするという事を理論的に解説されている書籍です。

レベルも7段階で設定し、わかりやすい分類となっています。

自分を可視化したり、部下も可視化して、どうすればレベルをあげれるか、といった、管理職育成にも使える1冊です。

 

媚びないリーダーというのは、あらゆる面で、高潔さがある

 

という事に非常に共感しました。

 


媚を売らないリーダーとは

140924arrogant-thumb-640x357-79840

 

■リーダー自信の「死ぬ気で働く覚悟」が大切です。

集団行動の特性を見極めた上で、適切なコミュニケーションを取り、人間関係をいかに正しく動かすか

■媚びないリーダーはすべての人心を掌握することができる

■媚を売らないリーダーレベル⇒

媚びないレベルS エネルギッシュ 情熱的で高潔な人格者。不思議と人を説得、納得させてしまう魔法のような力を持つ
媚びないレベルA プロアクティブ 積極的な楽観主義者。自分のため、仲間のため、会社のため、責任を持って役割を遂行していく。
媚びないレベルB ノーマル 保守的な堅実派。世間の評価はいい人だが、優秀な部下ほど離れていく。
媚びないレベルC アバウト 無責任な消極派。注意力散漫で「いい加減な人」だが、憎めないキャラクター。
媚びないレベルD アングリー 激怒するエゴイスト 。長続きせず、やがて淘汰されていく。
媚びないレベルE ジェラシー 敵対する破壊者。完全に歪んでいる。とことん病んでいる。部下の不幸を餌に生きている。
媚びないレベルZ ダーク 無気力な落伍者。いつも他者にコントロールされている。存在自体がチームを暗くしていく

■媚びない感情レベルをあげればあらゆる能力がアップします。

■リーダー自身の媚びない感情レベルを鏡に写し出せ

■本物の自分は決して媚びない


もっと知りたい方へ

51f1UzPjbkL._SX338_BO1,204,203,200_
媚びないリーダーは人を動かす
早川 勝 (著), 小澤千春 (著)

http://amzn.to/2gGzvkp

▼合わせて読む

・不完全なリーダーが、意外と強い?・

・リーダーのためファシリテーションスキル・

・99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ・

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>